【兵庫】園田クイーンセレクション展望

2014年1月15日

<報知新聞社賞第15回園田クイーンセレクション展望>

 

 兵庫の3歳牝馬のレベルは必ずしも高くない。これは今年に限ったことではなく、そのあたりを見越した笠松勢4頭が参戦。東海地区の牝馬の層の厚さを見せつけそうなムードだ。

 一線級との対戦続きで成績は上がっていないが、牝馬限定戦ならフラッシュモブで大威張りだろう。昨秋の園田プリンセスカップで2着。勝ったのはグランダムジャパン2歳シーズンのチャンピオンに輝いたカクシアジだから値打ちがある。既に18戦のキャリアは賛否両論だが、少なくとも体調面の裏付けはある。園田コースにも慣れており、木村健に依頼してきたあたり陣営は間違いなく勝ちにきている。総合力で一歩リードしているのは厳然たる事実だ。

 暮れのライデンリーダー記念を制して重賞ウィナーの仲間入りを果たしたのがヨシノミカエル。水沢のプリンセスカップでも長距離輸送を克服しての2着があり、牝馬にしてはタフな印象。今回のメンバー構成なら十分色気を持てる。

 ポアントは5頭立ての新馬戦を勝って以降は未勝利。伸び悩みの感は否めないし、12月に4走して年明け(8日)にも使っている。上積みを求めるのは無理がある。

 ロアーズオブザシーは前走が初の一線級との手合わせ。力不足を露呈したのは仕方ない。更なるメンバー強化だけに多くは望めまい。

 地元馬ではオープンベルトの巻き返しに期待したい。前走はスタートのタイミングが合わなかっただけ。牡馬相手に培われた地力を見せつけるにはまたとない機会だ。

 先行力のあるトーコーニーケも侮れない。やや単調なイメージが先立つが、それもこれもあり余るスピードゆえ。前付けからの上がり勝負という必勝パターンなら捨てたものではあるまい。

 忘れてならないのがユノエスケープ。大晦日の園田ジュニアカップが4着。器用な競馬はできないが、息の長いパワフルな末脚は牡馬顔負け。距離短縮で敬遠されれば絶好の狙い目になる。

 他では土屋洋厩舎がアヴェスターとマカロンショコラの2頭をスタンバイ。順調ならキャッツクローとコヒルも連闘で挑む予定。

 

【2014.1.15 大阪スポーツ 瀬藤 治人】

初めてご利用される方
楽天会員に登録(無料)して対象サービスを利用すると、楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは、楽天市場でのお買い物に利用できる他、便利な機能がお使いいただけます。

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

楽天競馬モバイル

RSS

  • Line@はじめました
  • 地方競馬ナイン
  • 楽天競馬レース映像の3つのポイント
  • サラブレッドオークション
  • 楽天宝くじ
  • TOTO / BIG
  • ケンコーコム
  • 楽天銀行
  • 楽天銀行
  • お知らせ 不審なメールにご注意ください
このページの先頭へ

本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞