【重要】住所等ご登録情報をご確認ください

雲取賞 (JpnIII) 2024|特集

JpnIII
第6回
雲取賞
2024年2月14日(水) 11R 16:35発走
大井
投票マネーで最大7%還元キャンペーン!
  • 天国と地獄
  • データ分析
  • 過去5年の
    レース結果
  • 専門紙予想
  • レースの見どころ

<出演>

  • 舩山 陽司さん(MC)
  • 津田 麻莉奈さん
    (楽天競馬"ポッ"イントもらっちゃおう娘)
  • 守永 真彩さん
    (楽天競馬"ポッ"イントもらっちゃおう娘)
  

■人気別(過去10年)※準重賞開催を含む

【上位人気馬のマッチレース】2021年以降は人気上位馬の決着となり、本命レース傾向にある。

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-3-0-3 40.0% 70.0% 70.0%
2番人気 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
3番人気 0-1-4-5 0.0% 10.0% 50.0%
4番人気 3-2-0-5 30.0% 50.0% 50.0%
5番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
6番人気以下 1-1-3-67 1.4% 2.8% 6.9%

■枠番別(過去10年)※準重賞開催を含む

【外枠好相性】7・8枠で計5勝と単勝候補、2~3着候補は内・中枠馬を推奨したい。

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1 1-0-1-10 8.3% 8.3% 16.7%
2 0-1-0-12 0.0% 7.7% 7.7%
3 1-1-1-10 7.7% 15.4% 23.1%
4 1-1-0-12 7.1% 14.3% 14.3%
5 2-1-1-10 14.3% 21.4% 28.6%
6 0-1-2-14 0.0% 5.9% 17.6%
7 2-4-3-10 10.5% 31.6% 47.4%
8 3-1-2-14 15.0% 20.0% 30.0%

■馬体重増減別(過去10年)※準重賞開催を含む

【マイナスはプラス!?】大きな増減がないほうが好ましいが、マイナス体重でも連対チャンスはありそうだ。

馬体重増減 成績 勝率 連対率 複勝率
-21kg以下 0-0-0-0 - - -
-20 ~ -16kg 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
-15 ~ -11kg 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
-10 ~ -6kg 1-3-1-9 7.1% 28.6% 35.7%
-5 ~ -1kg 4-2-4-36 8.7% 13.0% 21.7%
増減なし 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
+1 ~ +5kg 4-2-3-27 11.1% 16.7% 25.0%
+6 ~ +10kg 0-2-1-6 0.0% 22.2% 33.3%
+11 ~ +15kg 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
+16 ~ +20kg 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
+21kg以上 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

横スクロールできます

着順 馬番 馬名 性齢 タイム 人気 馬体重 騎手 調教師 前走 人気 着順
2023年 02/23 晴・良 ダ右1800m  10頭 過去映像
1 8 ヒーローコール 牡3 1:54.4 1 496 森泰斗 [地] 小久智 ホッコータルマエ 全日本2歳優駿[JpnI] 4 4
2 2 マンダリンヒーロー 牡3 1:54.6 2 485 矢野貴 [地] 藤田輝 シャンハイボビー ハイセイコー記念 3 1
3 6 トワシュトラール 牡3 1:55.1 5 470 達城龍 [地] 上杉昌 トランセンド 3歳 306万 1 1
単勝(8)150 複勝(8)100 (2)110 (6)220 馬連(2)(7)200 馬複(2)(8)200 ワイド(2)(8)140 (6)(8)410 (2)(6)540 枠単(7)(2)320 馬単(8)(2)320 三連複(2)(6)(8)910 三連単(8)(2)(6)2,050
2022年 02/10 雪・稍重 ダ右1800m  11頭 過去映像
1 10 シャルフジン 牡3 1:51.7 2 487 御神訓 [地] 川島正 ヘニーヒューズ JBC2歳優駿[JpnIII] 2 5
2 3 ナッジ 牡3 1:52.0 1 486 矢野貴 [地] 佐野謙 フェノーメノ 全日本2歳優駿[JpnI] 6 8
3 8 シルトプレ 牡3 1:52.0 3 461 本橋孝 [地] 米谷康 ワールドエース 全日本2歳優駿[JpnI] 5 5
単勝(10)360 複勝(10)160 (3)130 (8)130 馬連(3)(8)530 馬複(3)(10)520 ワイド(3)(10)250 (8)(10)320 (3)(8)270 枠単(8)(3)1,360 馬単(10)(3)1,070 三連複(3)(8)(10)810 三連単(10)(3)(8)3,680
2021年 02/18 曇・稍重 ダ右1800m  13頭 過去映像
1 10 ランリョウオー 牡3 1:54.6 1 447 本橋孝 [地] 小久智 パイロ 全日本2歳優駿[JpnI] 6 2
2 4 トランセンデンス 牡3 1:55.2 2 466 森泰斗 [地] 小久智 トランセンド ニューイヤーC 2 1
3 3 タブラオ 牡3 1:55.2 3 463 真島大 [地] 荒山勝 アイルハヴアナザー シクラメン特別 2 1
単勝(10)160 複勝(10)100 (4)110 (3)120 馬連(4)(7)310 馬複(4)(10)290 ワイド(4)(10)150 (3)(10)160 (3)(4)250 枠単(7)(4)400 馬単(10)(4)480 三連複(3)(4)(10)380 三連単(10)(4)(3)1,170
2020年 02/06 晴・良 ダ右1800m  15頭 過去映像
1 15 ゴールドホイヤー 牡3 1:56.1 4 482 吉原寛 [地] 岩本洋 トランセンド 招福オープン 1 1
2 13 ファルコンウィング 牡3 1:56.7 8 489 左海誠 [地] 小久智 スズカコーズウェイ ニューイヤーC 2 3
3 1 ストーミーデイ 牡3 1:57.5 2 488 笹川翼 [地] 澤佳宏 サウスヴィグラス ハイセイコー記念 4 2
単勝(15)830 複勝(15)320 (13)500 (1)200 馬連(7)(8)2,370 馬複(13)(15)6,760 ワイド(13)(15)2,230 (1)(15)910 (1)(13)1,500 枠単(8)(7)5,190 馬単(15)(13)12,070 三連複(1)(13)(15)11,880 三連単(15)(13)(1)69,970
2019年 02/07 晴・重 ダ右1800m  16頭 過去映像
1 6 ヒカリオーソ 牡3 1:55.8 4 441 瀧川寿 [地] 岩本洋 フリオーソ ニューイヤーC 1 2
2 11 ミューチャリー 牡3 1:56.2 1 467 御神訓 [地] 矢野義 パイロ 全日本2歳優駿[JpnI] 3 6
3 15 カジノフォンテン 牡3 1:56.4 13 527 本田正 [地] 山下貴 カジノドライヴ 白鳥特別 2 4
単勝(6)1,150 複勝(6)240 (11)120 (15)610 馬連(3)(6)540 馬複(6)(11)660 ワイド(6)(11)340 (6)(15)4,680 (11)(15)1,490 枠単(3)(6)1,990 馬単(6)(11)2,530 三連複(6)(11)(15)7,230 三連単(6)(11)(15)46,240

専門紙予想

2024/2/13(火)公開

「新たな白毛伝説がここから幕を開ける」

今年からダートグレード競走となった雲取賞。新ダート3冠競走の前哨戦のひとつとして位置付けられ、1冠目の羽田盃と同舞台・同距離で行われるレースとして大注目の1戦。JRA3頭、南関東12頭、佐賀1頭のフルゲートで行われる。

◎華麗なる一族アマンテビアンコがTCKで躍動
ルメール騎手とのコンビでデビューから3戦2勝。新馬戦は7番手からグイグイ伸びて差し切り勝ち。距離延長の2戦目は先行2頭を捕まえ切れず3着に敗戦。終始追い通しの展開で脚が溜まらなかったし、久々の分もあったか…。レース後に「まだ緩く、これから良くなる」とルメール騎手で、良化途上の段階だったのも確か。続けて使った3戦目カトレアステークス(オープン)では、馬群でジッと我慢して直線外に出されるとジリジリ脚を伸ばして快勝。モマれる競馬をクリアして心身共に成長した姿を披露。新しい砂に替わったタフな馬場は合いそうだし、追ってバテない走りから1F延長も心配無用。母ユキチャンがTCK女王盃勝ちなら舞台設定は申し分ないだろう。重賞初挑戦だがポテンシャルの高さで狙いたい。白毛の注目馬が新ダート3冠競走の主役候補に名乗りを挙げる。

〇実績上位のイーグルノワールは安定感抜群
芝デビューの新馬戦は4着に敗戦も、ダート転向後は3連勝で兵庫ジュニアグランプリを制覇。前走の全日本2歳優駿では、UAEダービーに挑戦する予定のフォーエバーヤングの圧倒的な強さに屈したが、前々で粘って2着を確保。小倉→東京→園田→川崎と異なるコース・距離・馬場に対応するレースセンス、自在性は大きな武器。一連の走りから破綻は想像できないし、逃げ先行馬を見ながら運べる外枠も歓迎。プラタナス賞で◎に先着している同馬が逆転候補。

▲佐賀の刺客ウルトラノホシが下剋上
佐賀の重賞を2連勝で全日本2歳優駿に挑戦。6着に敗戦したが初の遠征、左回りなら及第点。陣営も通用する手応えを感じてブルーバードカップ(Jpn3)に参戦。交流二度目の前走は道中の行きっぷりが一変。しかし、先団を射程圏に入れて、抜群の手応えで上がっていく処で躓くアクシデント。それでも渋太く伸びて差のない4着と地方勢では最先着。勝負処での大ブレーキがなければ更に接戦に持ち込めたはずで、ここでも能力はヒケをとらない。ベストの距離、走り慣れた右回りでJRA勢にひと泡吹かせる。

 北海道から南関東へ移籍したサントノーレは前走の全日本2歳優駿で地方馬最先着。3走前の鎌倉記念では南関東の実力馬を一蹴。門別オープンでパフォーマンスを落としている点が気になるが、前走イーグルノワールとコンマ5秒差なら当然マークが必要。大外枠からの立ち回りカギ。

 JRAエコロガイアの回避で繰り上がったブルーサンは、ダート転向後5戦2勝。いずれも逃げ切り勝ちで行かせると怖い存在。前走は1分50秒3の好タイムを記録。まだ2勝クラスの身で実績劣るがマーク緩めば残り目も。

 穴候補は地元大井の2騎。ピコニは前走2着に2秒6差の圧勝劇。かなりのポテンシャルを秘め、先々楽しみな好素材。一気の相手強化でも要注目。 ローリエフレイバーは牝馬唯一の参戦。4連勝で昨年暮れの東京2歳優駿牝馬を制覇。こちらもポテンシャルは相当。モマれた経験がない分、内枠の捌きがカギだが勢い重視。

◎アマンテビアンコ
○イーグルノワール
▲ウルトラノホシ
△サントノーレ
△ブルーサン
△ピコニ
△ローリエフレイバー

(ケイシュウNEWS 堀越裕己)

レースの見どころ

【ダートグレード競走・雲取賞(JpnIII)始動!】
「雲取賞(JpnIII)」は、大井競馬場1,800mで争われるレースです。2023年までは地方馬限定の南関東重賞として開催されていましたが新たな3歳ダート三冠競走の整備に伴い、本年よりダートグレード競走へ昇格、JRA馬も出走可能となりました。また当レースでの上位馬には3歳ダート三冠競走の一冠目、羽田盃(JpnI)への優先出走権が付与されることになっています。ここを制し春の大一番へ駒を進めるのは果たしてどの馬か、どうぞご期待ください!

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter
このページの先頭へ

開催当日のレースに関する情報については、主催者発表のものとご照合ください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞