【重要】住所等ご登録情報をご確認ください

帝王賞 (JpnI) 2022|特集

JpnI
第45回
帝王賞
2022年6月29日(水) 11R 20:10発走
大井
  15周年ありがとう第4弾:AI予想家『福来エマ』デビューで帝王賞を予想!
  TCK×楽天競馬LIVEコラボ!2レース以上的中で抽せんでポイントプレゼント
  ダートグレード競走購入で現金1万円プレゼント(2022年6月)
  激ムズ!ダートグレード競走クイズ<帝王賞>
昨年の優勝馬テーオーケインズ
/

昨年の優勝馬

テーオーケインズ

写真提供:地方競馬全国協会
  • 重賞予想ダービー
  • 出走予定馬
  • 参考レース
  • データ分析
  • 過去5年の
    レース結果
  • 専門紙予想
  • レースの見どころ

<出演>

  • 古谷 剛彦さん
    (楽天競馬スペシャルアドバイザー)
  • 津田 麻莉奈さん
    (楽天競馬"ポッ"イントもらっちゃおう娘)
  • 守永 真彩さん
    (楽天競馬"ポッ"イントもらっちゃおう娘)
  

オメガパフューム

:栗東

:牡7歳

:スウェプトオーヴァーボード

:オメガフレグランス

:安田翔伍

:M.デムーロ

注目ポイント

引退撤回を決めた王者は今年初戦のアンタレスS(GIII)をトップハンデ59Kgで快勝。大井が舞台である以上主役筆頭。

オーヴェルニュ

:栗東

:牡6歳

:スマートファルコン

:ギュイエンヌ

:西村真幸

:福永祐一

注目ポイント

ムラのある着順傾向も、決して苦手な距離ではないはず。先行策決めて上位へ。

クリンチャー

:栗東

:牡8歳

:ディープスカイ

:ザフェイツ

:宮本 博

:森 泰斗

注目ポイント

GI級レースではあと一歩のところまで来ている。南関東の名手をパートナーに迎え今年こそ念願の王座戴冠へ。

スワーヴアラミス

:栗東

:牡7歳

:ハーツクライ

:ベイトゥベイ

:須貝尚介

:松田大作

注目ポイント

1月の東海S(GII)では控えの競馬で重賞Vなど戦法にも幅出てきたか。帝王賞初参戦も決して侮れない存在に。

チュウワウィザード

:栗東

:牡7歳

:キングカメハメハ

:チュウワブロッサム

:大久保龍志

:川田将雅

注目ポイント

2年連続参戦のドバイワールドカップ(GI)では今年も見せ場たっぷりのレース披露。初の帝王賞制覇に向けて今年こそ好機か。

テーオーケインズ

:栗東

:牡5歳

:シニスターミニスター

:マキシムカフェ

:高柳大輔

:松山弘平

注目ポイント

初の海外挑戦こそ残念な結果も、帰国初戦の平安S(GIII)を勝利してその強さを再証明した。ダート界トップホースの1頭として狙うは帝王賞連覇。

メイショウハリオ

:栗東

:牡5歳

:パイロ

:メイショウオウヒ

:岡田稲男

:濱中 俊

注目ポイント

昨秋に重賞初制覇を成し遂げ、今年3月にも重賞2勝目をあげるなど近況著しい。初となる地方コースが肌に合えば十分見せ所も。

ネオブレイブ

:大井

:牡6歳

:フリオーソ

:スズノメガミ

:米田英世

:笹川 翼

注目ポイント

中央在籍時にはオープン馬としての実績もあり2000mの距離も問題なし。末脚決まれば出番か。

ノンコノユメ

:大井

:セン10歳

:トワイニング

:ノンコ

:荒山勝徳

:真島大輔

注目ポイント

10歳馬と思わせぬレースぶりで今年も南関東重賞を盛り上げている。大舞台での好走シーンも多く、大井コースならさらに期待度アップか。

2022/5/25(水)

大井記念(SI)

大井・2000m

:ランリョウオー

:ノンコノユメ

:キタノオクトパス

2022/2/2(水)

川崎記念(JpnI)

川崎・2100m

:チュウワウィザード

:エルデュクラージュ

:ヴェルテックス

2021/12/29(水)

東京大賞典(GI)

大井・2000m

:オメガパフューム

:クリンチャー

:ウェスタールンド

2021/11/3(祝・水)

JBCクラシック(JpnI)

金沢・2100m

:ミューチャリー

:オメガパフューム

:チュウワウィザード

■人気別(過去10年)

【人気上位の信頼は…?】1番人気馬優勢も2着数の多さが際立つ。軸としつつも波乱ケースも一考か。

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1-6-1-2 10.0% 70.0% 80.0%
2番人気 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0%
3番人気 3-0-2-5 30.0% 30.0% 50.0%
4番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
5番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
6番人気以下 1-1-2-77 1.2% 2.5% 4.9%

■年齢別(過去10年)

【4歳馬優勢】1着数の多さが光り、昨大会のテーオーケインズも4歳での勝利。2~3着は5歳・7歳馬あたりが優勢と出ている。

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 5-3-1-12 23.8% 38.1% 42.9%
5歳 2-3-1-20 7.7% 19.2% 23.1%
6歳 2-1-2-21 7.7% 11.5% 19.2%
7歳 0-2-5-26 0.0% 6.1% 21.2%
8歳 1-0-1-15 5.9% 5.9% 11.8%
9歳 0-1-0-6 0.0% 14.3% 14.3%
10歳以上 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

■馬体重別(過去10年)

【着によって傾向あり】1着数では500Kg以上の競走馬優勢。2~3着なら450Kg~525kgに実績が集中している。

馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
400kg以下 0-0-0-0 - - -
401 ~ 425kg 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
426 ~ 450kg 1-0-1-5 14.3% 14.3% 28.6%
451 ~ 475kg 0-4-2-18 0.0% 16.7% 25.0%
476 ~ 500kg 1-2-3-32 2.6% 7.9% 15.8%
501 ~ 525kg 5-2-4-28 12.8% 17.9% 28.2%
526 ~ 550kg 3-2-0-9 21.4% 35.7% 35.7%
551kg以上 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%

■馬体重増減別(過去10年)

【馬体重増はプラス!?】さらに+10Kg程度ならば勝率~複勝率は上昇。一方マイナス体重はやや割引材料か。

馬体重増減 成績 勝率 連対率 複勝率
-21kg以下 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
-20 ~ -16kg 0-0-0-0 - - -
-15 ~ -11kg 1-1-0-7 11.1% 22.2% 22.2%
-10 ~ -6kg 1-2-0-9 8.3% 25.0% 25.0%
-5 ~ -1kg 0-2-5-40 0.0% 4.3% 14.9%
増減なし 3-0-2-13 16.7% 16.7% 27.8%
+1 ~ +5kg 2-3-1-22 7.1% 17.9% 21.4%
+6 ~ +10kg 0-2-0-6 0.0% 25.0% 25.0%
+11 ~ +15kg 3-0-2-2 42.9% 42.9% 71.4%
+16 ~ +20kg 0-0-0-0 - - -
+21kg以上 0-0-0-0 - - -

横スクロールできます

着順 馬番 馬名 性齢 タイム 人気 馬体重 騎手 調教師 前走 人気 着順
2021年 06/30 曇・重 ダ右2000m  13頭過去映像
1 4 テーオーケインズ 牡4 2:02.7 4 497 松山弘 [西] 高柳大 シニスターミニスター アンタレスS【GIII】 1 1
2 11 ノンコノユメ セ9 2:03.3 10 456 真島大 [地] 荒山勝 トワイニング 金盃 3 7
3 13 クリンチャー 牡7 2:03.4 6 490 ルメー [西] 宮本博 ディープスカイ 名古屋大賞典[JpnIII] 1 1
単勝(4)740 複勝(4)340 (11)2,000 (13)450 枠複(4)(7)1,430 馬複(4)(11)104,960 ワイド(4)(11)20,120 (4)(13)1,320 (11)(13)12,950 枠単(4)(7)2,440 馬単(4)(11)148,250 三連複(4)(11)(13)104,120 三連単(4)(11)(13)2,387,990
2020年 06/24 曇・重 ダ右2000m 14頭過去映像
1 8 クリソベリル 牡4 2:05.3 2 540 川田将 [西]音無秀 ゴールドアリュール サウジカップ - -
2 11 オメガパフューム 牡5 2:05.7 1 452 Mデム [西]安田翔 スウェプトオーヴァ 平安S【GIII】 3 1
3 6 チュウワウィザード 牡5 2:05.9 3 489 ルメー [西]大久保 キングカメハメハ 川崎記念[JpnI] 1 1
単勝(8)310 複勝(8)120 (11)100 (6)130 枠複(5)(7)310 馬複(8)(11)320 ワイド(8)(11)160 (6)(8)280 (6)(11)170 枠単(5)(7)670 馬単(8)(11)660 三連複(6)(8)(11)400 三連単(8)(11)(6)1,870
2019年 06/26 晴・重 ダ右2000m 14頭過去映像
1 5 オメガパフューム 牡4 2:04.4 3 448 レーン [西]安田翔 スウェプトオーヴァ 平安S【GIII】 3 3
2 1 チュウワウィザード 牡4 2:04.6 2 470 川田将 [西]大久保 キングカメハメハ 平安S【GIII】 1 1
3 14 ノンコノユメ セ7 2:04.6 8 442 真島大 [大]荒山勝 トワイニング ゴドルフィンマイル(GII) - -
単勝(5)340 複勝(5)140 (1)130 (14)530 枠複(1)(4)410 馬複(1)(5)410 ワイド(1)(5)200 (5)(14)1,830 (1)(14)1,900 枠単(4)(1)790 馬単(5)(1)730 三連複(1)(5)(14)5,800 三連単(5)(1)(14)16,650
2018年 06/27 晴・良 ダ右2000m 15頭過去映像
1 4 ゴールドドリーム 牡5 2:04.2 2 526 ルメー [西]平田修 ゴールドアリュール かしわ記念[JpnI] 2 1
2 2 ケイティブレイブ 牡5 2:04.3 1 512 福永祐 [西]杉山晴 アドマイヤマックス ダイオライト記念[JpnII] 1 1
3 10 サウンドトゥルー セ8 2:04.6 4 476 大野拓 [東]高木登 フレンチデピュティ フェブラリーS【GI】 11 8
単勝(4)340 複勝(4)140 (2)110 (10)190 枠複(2)(3)320 馬複(2)(4)510 ワイド(2)(4)230 (4)(10)500 (2)(10)300 枠単(3)(2)650 馬単(4)(2)920 三連複(2)(4)(10)1,080 三連単(4)(2)(10)4,310
2017年 06/28 曇・重 ダ右2000m 16頭過去映像
1 3 ケイティブレイブ 牡4 2:04.4 6 504 福永祐 [西]目野哲 アドマイヤマックス 平安S【GIII】 4 5
2 10 クリソライト 牡7 2:04.7 5 500 戸崎圭 [西]音無秀 ゴールドアリュール 平安S【GIII】 6 2
3 2 アウォーディー 牡7 2:05.3 1 511 武 豊 [西]松永幹 ジャングルポケット ドバイワールドC(GI) - -
単勝(3)820 複勝(3)200 (10)190 (2)120 枠複(2)(5)2,950 馬複(3)(10)2,330 ワイド(3)(10)700 (2)(3)420 (2)(10)390 枠単(2)(5)5,350 馬単(3)(10)5,280 三連複(2)(3)(10)2,200 三連単(3)(10)(2)20,400

専門紙のダートグレード競走予想

2022.6.27(月)公開

「テーオーケインズの連覇が濃厚」

テーオーケインズは、3歳の年末に東京大賞典に挑戦し、その時はオメガパフュームの6着に敗れたが、タイム差は0.2秒。4歳になってオープン特別を快勝し、挑んだアンタレスSを制して重賞初制覇。そして次走で帝王賞を完勝してダート界の頂点に立った。その後休み明けのJBCクラシックと海外遠征では案外だったが、チャンピオンズCの勝ちっぷり、59キロを背負って勝った平安Sの走りからやはりダート界の頂点に君臨しているのは疑いもない。短期放牧明けだが仕上げに不安はなく、この頭数ならまぎれも少ないはず。昨年に続いての連覇は濃厚とみた。

オメガパフュームは、昨年末の東京大賞典を制して4連覇を達成。今年初戦のアンタレスSではスタートで後手を踏んで後方からの競馬になったが、59キロを背負いながらも鋭い末脚を繰り出して差し切って見せた。帝王賞に関しては19年が優勝で、20年が2着だが昨年は5着に敗れており、同じ舞台で行われる東京大賞典ほど安定した走りができない。その点でやはりテーオーケインズには劣る印象で〇までの評価になってしまう。

クリンチャーは、菊花賞で2着、翌年の京都記念を制しているように芝で活躍していたが、ダート路線に変更後はみやこSなど重賞で4勝を挙げている。その内3勝が地方での交流重賞なのだから地方のダート適性は高い。そして大井は、昨年の帝王賞で3着、東京大賞典で2着と得意にしている。今回は鞍上に森泰斗騎手を迎え、帝王賞制覇への意欲が感じられる。8歳馬だがまだまだ元気、相手は揃ったが好勝負に持ち込める。

チュウワウィザードは、20年のチャンピオンズCなど数々の重賞を制し、21、22年とドバイワールドCに挑戦して上位争いを演じている実力馬。しかし、大井では19年の帝王賞での2着が最高で未勝利。海外遠征帰りだった昨年のこのレースでは6着に敗れている。力量的には全く見劣りはしないが、やはり海外遠征帰りの今回は割り引いて△までとした。

ここにきて力をつけているのがメイショウハリオだ。昨年11月に重賞初挑戦でみやこSを制し、今年3月にはマーチSを制して重賞2勝目。平安Sではテーオーケインズに敗れはしたが、ここまで6勝中5勝が右回りでのもので、大井にコース替わりになるのはプラス。パイロ産駒なので地方のダート適性は高いはず、ナイターなど課題はあるが上位進出は可能だ。

地方からは2頭だけの出走と寂しいが、その中ではノンコノユメだろう。ジャパンダートダービーやフェブラリーSを制している実力馬で、既に10歳を迎えているが前走大井記念で2着に好走。昨年のこのレースで、13頭立ての10番人気ながら2着に激走したのはまだ記憶に新しい。19年には帝王賞3着、東京大賞典2着の成績もある。この中間の調整も順調そのもの、昨年の再現は可能だ。


◎テーオーケインズ
○オメガパフューム
▲クリンチャー
△チュウワウィザード
△メイショウハリオ
△ノンコノユメ

(文:勝馬 山形宗久)

レースの見どころ

2022.6.23(木)

帝王賞(JpnI)は上半期のダート界No1決定戦!輝かしい実績を持つダートホースたちが全国各地より集結し、JpnI競走に恥じぬハイレベルな一戦を大井競馬場2000mで繰り広げます。昨大会は4番人気のJRA・テーオーケインズ号が、オメガパフューム・チュウワウィザードら名だたるダート界の王者をくだして王座戴冠!また2・3着も伏兵の活躍で、3連単は200万を超える大型配当となりました。人気馬による決着か、新興勢力らの台頭か……その結果にぜひご注目ください!

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter
このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞