【重要】住所等ご登録情報をご確認ください

全日本2歳優駿(JpnI) 2023|特集

JpnI
第74回
全日本2歳優駿
2023年12月13日(水) 11R 20:10発走
川崎
【2日連続川崎重賞】投票マネーで5%還元キャンペーン! 大盛りポイントプログラムで全日本2歳優駿は最大2%還元
  • 天国と地獄
  • 出走予定馬
  • 参考レース
  • データ分析
  • 過去5年の
    レース結果
  • 専門紙予想
  • レースの見どころ

<出演>

  • 舩山 陽司さん(MC)
  • 津田 麻莉奈さん
    (楽天競馬"ポッ"イントもらっちゃおう娘)
  • 守永 真彩さん
    (楽天競馬"ポッ"イントもらっちゃおう娘)
  

イーグルノワール

:栗東

:牡2歳

:ブリックスアンドモルタル

:アルティマブラッド

:音無秀孝

:松山弘平

注目ポイント

兵庫ジュニアグランプリ[JpnII]を勝利、JRA東京で左周りのマイル戦も経験済と期待値は高そう。4連勝でJpnIの頂へ。

サトノフェニックス

:栗東

:牡2歳

:ヘニーヒューズ

:マーメイドティアラ

:西園正都

:和田竜二

注目ポイント

兵庫ジュニアグランプリでは着差なしの2着。川崎の大舞台で念願のタイトルゲットか。

ゼルトザーム

:栗東

:牡2歳

:ヘニーヒューズ

:ロザリウム

:加用 正

:濱中 俊

注目ポイント

函館2歳S【JRA・GIII】を勝利し、園田・兵庫ジュニアグランプリでも3着とメンバー上位のスピードで王座を狙う。

ナスティウェザー

:美浦

:牡2歳

:パイロ

:レッドフェザー

:加藤征弘

:岩田望来

注目ポイント

前走は見事な差し切りを決めての勝利。ゴドルフィンの若きスター候補が大金星へ。

フォーエバーヤング

:栗東

:牡2歳

:リアルスティール

:フォエヴァーダーリング

:矢作芳人

:坂井瑠星

注目ポイント

後方一気のレースで門別・JBC2歳優駿[JpnIII]をV、最短ロードで世代の頂点を駆け上がる。

アムクラージュ

:浦和

:牡2歳

:ホッコータルマエ

:パーティブロッサム

:藤原智行

:御神本訓史

注目ポイント

10月の当地・鎌倉記念では4着も、勝利したレースはすべて2着馬に1秒差以上をつける完勝劇。好パフォーマンスを期待。

ウルトラノホシ

:佐賀

:牡2歳

:ホッコータルマエ

:シータトウショウ

:真島元徳

:石川 倭

注目ポイント

佐賀デビューの若武者が南関東参戦、九州の星から全国の星へ。

オスカーブレイン

:北海道

:牡2歳

:ダノンレジェンド

:オスカークイーン

:角川秀樹

:阿部 龍

注目ポイント

門別デビューの若駒が遠路はるばる大舞台挑戦、前走マイル戦の経験をぜひとも活かしたい。

カタルシス

:川崎

:牡2歳

:フリオーソ

:エレガントフラッグ

:山崎尋美

:山崎誠士

注目ポイント

秋シーズンに入り成績ひと段落もフリオーソ産駒で潜在能力秘める一頭。いっそうの飛躍誓う。

グラッシーズマン

:船橋

:牡2歳

:アジアエクスプレス

:ブルーセレブ

:林 幻

:和田譲治

注目ポイント

遠征、不良馬場が響いての前走6着。2勝目をあげた川崎コースで再び上昇気運をつかみ取れるか。

サントノーレ

:北海道

:牡2歳

:エピカリス

:リンガスウーノ

:田中淳司

:服部茂史

注目ポイント

門別からの遠征で鎌倉記念を勝利し、川崎コース適性を披露。大舞台でも再現なるか。

ヌートバー

:川崎

:牡2歳

:アドミラブル

:トーコージュエリー

:佐藤博紀

:野畑 凌

注目ポイント

繰り上がり出走で大舞台出走を決める。当地4戦の経験を存分に活かすレースを。

2023/11/22(水)

兵庫ジュニアグランプリ[JpnII]

園田・1400m

:イーグルノワール

:サトノフェニックス

:ゼルトザーム

2023/11/12(日)

南部駒賞(M1)

盛岡・1600m

:フジユージーン

:オスカーブレイン

:デュアルロンド

2023/11/3(祝・金)

JBC2歳優駿[JpnIII]

門別・1800m

:フォーエバーヤング

:サンライズジパング

:ブラックバトラー

2023/10/11(水)

鎌倉記念(S2)

川崎・1500m

:サントノーレ

:ライゾマティクス

:パンセ

■人気別(2013年以降)

【人気上位優勢も】実力伯仲の一戦ゆえ固め打ち難しい。1~3番人気馬軸に。

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5-1-2-2 50.0% 60.0% 80.0%
2番人気 1-4-0-5 10.0% 50.0% 50.0%
3番人気 2-2-1-5 20.0% 40.0% 50.0%
4番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
5番人気 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
6番人気以下 0-1-5-78 0.0% 1.2% 7.1%

■枠番別(2013年以降)

【6枠以降優位】中~外枠2頭+内枠1頭で決着することが多い傾向にある。

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
2 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
3 1-1-2-14 5.6% 11.1% 22.2%
4 0-2-2-13 0.0% 11.8% 23.5%
5 2-1-1-16 10.0% 15.0% 20.0%
6 3-2-0-14 15.8% 26.3% 26.3%
7 2-2-2-14 10.0% 20.0% 30.0%
8 0-1-2-17 0.0% 5.0% 15.0%

■馬体重増減別(2013年以降)

【プラスよりマイナス】連対率や複勝率は馬体重ややマイナスのほうが有利の傾向も!?

馬体重増減 成績 勝率 連対率 複勝率
-21kg以下 0-0-0-0 - - -
-20 ~ -16kg 0-0-0-0 - - -
-15 ~ -11kg 0-1-1-7 0.0% 11.1% 22.2%
-10 ~ -6kg 1-1-1-13 6.3% 12.5% 18.8%
-5 ~ -1kg 3-4-5-22 8.8% 20.6% 35.3%
増減なし 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
+1 ~ +5kg 4-3-2-32 9.8% 17.1% 22.0%
+6 ~ +10kg 1-1-1-19 4.5% 9.1% 13.6%
+11 ~ +15kg 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
+16 ~ +20kg 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
+21kg以上 0-0-0-0 - - -

横スクロールできます

着順 馬番 馬名 性齢 タイム 人気 馬体重 騎手 調教師 前走 人気 着順
2022年 12/14 晴・稍重 ダ左1600m 14頭 過去映像
1 4 デルマソトガケ 牡2 1:43.3 3 495 松若風 [西] 音無秀 マインドユアビスケッツ もちの木賞[1勝クラス] 3 1
2 12 オマツリオトコ 牡2 1:43.3 2 484 横山武 [東] 伊藤圭 ヴィットリオドーロ 兵庫ジュニアグランプリ[JpnII] 2 1
3 13 ペリエール 牡2 1:43.5 1 476 福永祐 [東] 黒岩陽 ヘニーヒューズ オキザリス賞[1勝クラス] 1 1
単勝(4)560 複勝(4)150 (12)130 (13)120 枠複(3)(7)840 馬複(4)(12)1,120 ワイド(4)(12)360 (4)(13)290 (12)(13)190 枠単(3)(7)2,130 馬単(4)(12)2,480 三連複(4)(12)(13)770 三連単(4)(12)(13)7,400
2021年 12/15 晴・稍重 ダ左1600m 14頭 過去映像
1 10 ドライスタウト 牡2 1:39.2 1 520 戸崎圭 [西]牧浦充 シニスターミニスタ オキザリス賞[1勝クラス] 3 1
2 5 コンバスチョン 牡2 1:39.7 3 496 松山弘 [東]伊藤圭 ディスクリートキャ 兵庫ジュニアグランプリ[JpnII] 1 2
3 2 プライルード 牡2 1:40.8 11 486 張田昂 [大]藤田輝 ラブリーデイ 兵庫ジュニアグランプリ[JpnII] 5 3
単勝(10)180 複勝(10)120 (5)170 (2)1,080 枠複(4)(6)420 馬複(5)(10)540 ワイド(5)(10)260 (2)(10)3,060 (2)(5)5,110 枠単(6)(4)670 馬単(10)(5)720 三連複(2)(5)(10)18,590 三連単(10)(5)(2)46,890
2020年 12/16 晴・良 ダ左1600m 14頭 過去映像
1 11 アランバローズ 牡2 1:40.7 2 434 左海誠 [船]林正人 ヘニーヒューズ ハイセイコー記念 3 1
2 10 ランリョウオー 牡2 1:41.8 6 445 本橋孝 [浦]小久智 パイロ ハイセイコー記念 1 2
3 6 ルーチェドーロ 牡2 1:42.5 8 496 戸崎圭 [東]高橋裕 マクフィ 兵庫ジュニアグランプリ[JpnII] 3 4
単勝(11)560 複勝(11)210 (10)410 (6)750 枠複(6)(7)2,620 馬複(10)(11)2,690 ワイド(10)(11)850 (6)(11)2,770 (6)(10)4,860 枠単(7)(6)4,380 馬単(11)(10)4,820 三連複(6)(10)(11)23,070 三連単(11)(10)(6)92,610
2019年 12/18 晴・稍重 ダ左1600m 13頭 過去映像
1 2 ヴァケーション 牡2 1:41.9 5 469 吉原寛 [川]高月賢 エスポワールシチー 平和賞 4 1
2 1 アイオライト 牡2 1:41.9 4 484 武藤雅 [東]武藤善 ローレルゲレイロ 2歳1勝クラス 1 1
3 12 ティーズダンク 牡2 1:42.0 9 481 石川倭 [浦]水野貴 スマートファルコン 新風特別 1 1
単勝(2)880 複勝(2)250 (1)250 (12)1,160 枠複(1)(2)3,940 馬複(1)(2)3,290 ワイド(1)(2)1,110 (2)(12)5,930 (1)(12)8,380 枠単(2)(1)9,840 馬単(2)(1)7,260 三連複(1)(2)(12)55,020 三連単(2)(1)(12)285,290
2018年 12/19 晴・重 ダ左1600m 14頭 過去映像
1 12 ノーヴァレンダ 牡2 1:42.8 5 526 北村友 [西]斉藤崇 ダイワメジャー もちの木賞[500万下] 2 1
2 5 デルマルーヴル 牡2 1:42.8 2 493 Mデム [東]戸田博 パイロ 兵庫ジュニアグランプリ[JpnII] 1 1
3 11 ガルヴィハーラ 牡2 1:43.1 1 491 ルメー [東]萩原清 ゴールドアリュール プラタナス賞[500万下] 2 1
単勝(12)630 複勝(12)170 (5)130 (11)120 枠複(4)(7)400 馬複(5)(12)1,180 ワイド(5)(12)380 (11)(12)370 (5)(11)240 枠単(7)(4)730 馬単(12)(5)2,490 三連複(5)(11)(12)1,120 三連単(12)(5)(11)8,430

専門紙予想

2023/12/12(火)公開

「ゼルトザームが芝・ダートの二刀流を名乗る」

 今回で74回を迎える地方競馬の中でも歴史あるレースで、2017年から副題「目指せケンタッキー」を掲げる2歳唯一のJpn1。昨年の覇者デルマソトガケはUAEダービーを圧勝してケンタッキーダービー挑戦。6着に健闘後、BCクラシックでは世界の強豪相手に2着と存在感を示した。今年も世界を見据える若駒が熱戦を繰り広げる。  過去10年の優勝馬はJRA7頭、地方3頭とJRA勢優勢。ステップレースを調べると、もちの木賞(今年は不出走)、北海道2歳優駿(のちのJBC2歳優駿)組が最多2勝。兵庫ジュニアグランプリ組は1勝止まりでも2、3着馬が絡む傾向で注目したい。

◎ゼルトザームが芝とダートの2冠達成。
 函館千メートルの新馬戦は逃げ馬を楽々捉えて完勝。2戦目の函館2歳ステークスでは初芝を苦にせず(重馬場が有利に働いたのは確かだが)5番手から差し切ってスピード自慢を一蹴。距離延長で臨んだ京王杯2歳ステークスは大敗を喫するも、約3ヵ月ぶりの実戦で少し重目残りだったのとレコードタイムの高速決着が響いた印象。前走の兵庫ジュニアグランプリは当レースで人気上位の2頭に約5馬身差の3着完敗。着差、着順通りに受け止めれば逆転を想像できないが、スタート後にゴチャつき後方から厳しい位置取りになるも、早目に外々を捲って息の長い末脚を使えたレースぶりは負けて強しの内容。今回外枠からスムーズに運べる可能性大だし、スタミナとスピードを兼備する同馬が川崎コースで逆転する。祖母はエリザベス女王杯を含むGⅠ2着3回のローズバド、伯父にジャパンカップ制覇のローズキングダムがいて大舞台に強い血統背景も強調材料。叩き3戦目、狙い澄ましたローテーションでダート重賞も頂きだ。

〇レースセンス抜群のイーグルノワールが重賞連勝へ。
 芝デビューの新馬戦が4着敗戦で即休養へ。復帰後は未勝利、1勝クラスを連勝してダート路線への転向が奏功。負かした相手アマンテビアンコは次走カトレアS(2歳オープン・ダ千六)を勝利して高レベルを証明。前走の兵庫ジュニアグランプリは4角手前でサトノフェニックスと馬体を併せるとゴールまで熾烈な叩き合いが続き、ハナ差凌いで重賞制覇。小倉→東京→兵庫と異なるコース・距離に対応するレースセンス、先行自在で勝負根性を兼ね備えた同馬に死角は見当たらない。1枠がカギだが、後手を踏まなければV争いは確実だ。

▲能力非凡のフォーエバーヤングが無傷の3連勝か。
 新馬戦は好位を進み直線に入って仕掛けると、スパッと切れて一気に後続を突き放す強い内容。陣営が2戦目に重賞を選択したのも納得。前走のJBC2歳優駿は後方3番手からの競馬。追い出しを開始すると徐々にエンジンが掛かり、豪快なフットワークで粘り込みを図る馬を一気に差し切った。2着のサンライズジパングが次走カトレアS15着大敗とレースレベルに疑問も残るが、相当なポテンシャルを秘める同馬が大外枠もなんのそので、先日自身初となるJRA年間100勝を達成した坂井瑠星騎手と無敗の連勝街道を突き進む。

 サトノフェニックスは〇(イーグルノワール)と兵庫JGで接戦2着で当然力差はない。祖母グレイスティアラは05年に全日本2歳優駿を制覇。母はJRAダート千七を勝利、中距離路線で活躍馬を多数輩出する父ヘニーヒューズの血統背景からも距離延長はプラス。初の左回りに対応できれば上位圏内。

 北海道組ではオスカーブレインに注目。枠順、テンの速さから逃げ当確。前走は岩手の大物フジユージーンに差されたが、軽快な逃げに目を引いた。有力馬が牽制し合うようだと残り目も。

 佐賀から参戦のウルトラノホシが大穴候補。前走圧勝したカペラ賞の勝ちタイムは佐賀A級クラスにコンマ差と好レベル。川崎競馬場で最終追い切りを実施して態勢は万全。大駆けに期待する。

◎ゼルトザーム
○イーグルノワール
▲フォーエバーヤング
△サトノフェニックス
△オスカーブレイン
△ウルトラノホシ

(ケイシュウNEWS 堀越裕己)

レースの見どころ

2023.12.7(木)

【川崎から、国内そして世界の大舞台へ!】
「全日本2歳優駿(JpnI)」は師走の川崎マイルを舞台に繰り広げられる2歳ダート馬No.1決定戦。歴代の優勝馬にはフリオーソ、ルヴァンスレーヴなど、競馬界の歴史に名を刻むダートホースがズラリ。昨年のレースは3番人気となったJRA所属のデルマソトガケ号が鋭い差し脚で前で競っていた2頭を一閃!JpnIタイトルに輝きました。出走馬の多くは、国内ダート戦に限らず海外のレースでもその存在感を大いに発揮するなど、来年以降の展望を占う上でも重要なレース。ぜひご注目ください!

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter
このページの先頭へ

開催当日のレースに関する情報については、主催者発表のものとご照合ください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞