【笠松】第6回笠松競馬「アルプスシリーズ」開催自粛のお知らせ


【開催見解】第3回ばんえい十勝(5/18~5/27)

第3回ばんえい十勝

 

第12回カーネーションカップ 3歳以上牝馬オープン別定 5月19日10R

出走予定馬

○キタノサカエヒメ     (650キロ)

○サカノチサト       (650キロ)

○サンシルクラポピー    (640キロ)

○シンエイボブ       (660キロ)

○タナボタチャン      (650キロ)

○ナカゼンガキタ      (670キロ)

○フェアリースズ      (650キロ)

○ミスタカシマ       (670キロ)

○メヂカラ         (650キロ)

○ヤマノホシ        (650キロ)

 

【解説】昨年度のこのレースを経験したのは3頭とメンバーが大きく顔ぶれが変わった。どの馬が勝っても新女王の誕生になる。ハンデ戦ではあるが、実績上位馬が勝つ傾向。本命には今季初戦、一線級相手に5着と好走してきたミスタカシマ。前走のすずらん賞では4着と期待を裏切る形も牝馬戦なら力は一枚上の存在。670キロも守備範囲である。相手筆頭はナカゼンガキタ。こちらも前走でオープン馬相手に小差4着と好走。一番厳しい5歳条件であれだけ動ければ上々。ここは勝ち負け必至。単穴にはヤマノホシ。行き切って上がる障害力はこの馬最大の武器。トップ抜けは確実で踏ん張りひとつといえよう。その他での注目馬はサンシルクラポピー。デビュー当時からオイドンの半妹と言うこともあり注目されたが、能力開花まで時間がかかった。昨シーズン終盤から一気に開花して前走はミスタカシマに競り勝った内容からもそれが窺える。ハンデ差は詰ったが侮れない存在に。好調タナボタチャンも遜色ない。

 

とかち皐月賞 3歳オープン別定 5月20日10R

出走予定馬

○アオノゴッド       (600キロ)

○アオノブラック      (640キロ)

○アポロン         (600キロ)

○インビクタ        (600キロ)

○ギンノダイマオー     (630キロ)

○サクラドリーマー     (600キロ)

○ジェイエース       (600キロ)

○ジェイカトレア      (590キロ)

○ダイリンファイター    (590キロ)

 

【解説】3歳オープン条件の今季初戦。来月にも同様の特別戦(とかちダービー)があるが、目標は3歳三冠第一戦目、8月4日に行われるばんえい大賞典(BG3)の参考になるレース。ハンデ差と仕上がりの差に結果が反映するため、荷物が軽く近走の動きのいい馬が活躍する傾向にある。本命は開幕から3連勝中のインビクタ。基本はスピードで押すタイプで軽い馬場を好むが、重くても息を入れることによって粘りも増す。ここもハナの速さで先手が可能であり、そのまま押し切る可能性が高そう。対抗にはアオノゴッド。今季初戦は端枠と余裕残しで折り合いを欠いたが、叩きつつ上昇。オープンでの実績を考えれば600キロは恵まれたといえるし、初Vも十分。決め手勝負ならサクラドリーマーも一発は秘めている。実績上位のアオノブラックとギンノダイマオーはハンデを背負っており、克服できるかどうかがポイントに。

 

 

(競馬ブック 定政 紀宏)

 

 

ケイバブックロゴ

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

RSS

このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞