【開催見解】第18回ばんえい十勝(12/14~23)

第36回 レディースカップ 4歳以上牝馬選抜別定 12月16日11R

出走予定馬

○サカノチサト       (700キロ)

○サンシルクラポピー    (710キロ)

○タナボタチャン      (700キロ)

○ナカゼンガキタ      (730キロ)

○フェアリースズ      (720キロ)

○ミサキセンショー     (700キロ)

○ミスタカシマ       (720キロ)

○ヤマノホシ        (710キロ)

○ラッセルクイン      (700キロ)

 

【解説】2月に行なわれるヒロインズCの前哨戦。別定重量の条件は本番とは異なるが、参考にはなりそう。今回の斤量差は最大で30キロと大きくなく、実績上位馬が有利な条件。近走の内容を考慮すればミスタカシマの軸は堅そう。ひと開催休んで疲れも取れていい状態でここは臨めるし、勝って正月の天馬賞へ弾みをつけたいところ。相手だが、ここにきて上昇してきたタナボタチャン。695キロの特別戦で好走しており、今回背負う700キロなら問題ないだろう。今の微妙な馬場もこの馬には好条件。サンシルクラポピーも連勝で勢いに乗っている。クインCではミスタカシマに差をつけられたが、障害をすんなりなら際どく詰め寄っても不思議はない。ナカゼンガキタはトップハンデを克服できれば。

 

ホワイトクリスマス賞 3以上オープン 12月21日10R

出走予定馬

○アアモンドグンシン    (745キロ)

○アオノブラック      (730キロ)

○オレノココロ       (760キロ)

○キタノユウジロウ     (750キロ)

○コウシュハウンカイ    (780キロ)

○シンザンボーイ      (760キロ)

○センゴクエース      (755キロ)

○ミノルシャープ      (755キロ)

○メジロゴーリキ      (755キロ)

○メムロボブサップ     (740キロ)

 

【解説】一週間後のレースのためまだ出否は未定な馬もいて確定ではないが、全馬出る想定の元で解説していきたい。各馬、重賞を次開催以降に控えているため仕上りには余裕を持たせている状態。それでも毎日、稽古をされているため調子の悪い馬はいないだろう。今回本命に指名するのはオレノココロ。ドリームエイジCでは障害でヒザを折り3着止まりもあの位置からの伸びはさすがといえよう。修正可能でもあるし、この斤量差なら負けられないところ。相手筆頭はミノルシャープ。こちらも同レースで障害の膝折りが致命傷となった。もともとは巧者であり、同じミスをせずに力を出せば勝ち負け必至。アアモンドグンシンもようやく力を出し切れる状態に。まだ不安要素は多いが、能力が通用することを証明できたし、まだハンデ差も有利な条件。その他では復活の足がかりを示したセンゴクエース。ここも障害スンナリなら完全復活と言えるし、目標の帯広記念には間に合いそう。

 

(競馬ブック 定政 紀宏)

ケイバブックロゴ

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

RSS

このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞