【開催見解】ばんえい十勝(2020/1/11~20)

第21回ばんえい十勝

 

第43回ばんえいプリンセス賞 4歳牝馬オープン別定 1月12日10R

出走予定馬

○アアモンドラッシュ    (660キロ)

○クイーンヴォラ      (660キロ)

○サクラユウシュン     (660キロ)

○ジェイカトレア      (690キロ)

○ジェイセリナ       (660キロ)

○シャンハイオトメ     (660キロ)

○ドルバコ         (660キロ)

○ハイトップフーガ     (660キロ)

○ヤマサンブラック     (660キロ)

 

【解説】オークスのほぼ再戦。斤量は別定戦のため女王ジェイカトレアが当時から20キロアップ。その他で参戦していた馬は10キロの減量であり、この差がどこまで影響があるかがポイント。それを含めての予想になるが、本命にはやはりジェイカトレアを推したい。当時の着差は6.8秒と想定したよりも差をつけられなかったが、自分から引っ張って行って押し切った内容は着差以上に強いもの。今回のハンデ差でも最後は力で捩じ伏せてくれそうだ。相手になるが、筆頭には2着馬のクイーンヴォラ。今回は主戦の阿部騎手が予定されており、上積みは十分。逆転があるならこの馬だろう。その他ではハイトップフーガ、ヤマサンブラックが上位評価。3着馬のアアモンドラッシュは真価を問われる一戦に。

 

睦月特別 4歳以上オープン 1月19日 10R

出走予定馬

○アアモンドグンシン    (765キロ)

○オレノココロ       (775キロ)

○キタノユウジロウ     (760キロ)

○コウシュハウンカイ    (810キロ)

○コウシュハレガシー    (765キロ)

○シンザンボーイ      (770キロ)

○ホクショウマサル     (765キロ)

○ミスタカシマ       (745キロ)

○ミノルシャープ      (770キロ)

○メジロゴーリキ      (765キロ)

 

【解説】来週に予定されているため出否は9日現在では未定。ハンデ面を考えると帯広記念を勝ったコウシュハウンカイは回避しそうだ。30連勝の新記録を樹立したホクショウマサルも次の目標に向けて回避の予定。ここふた開催は重賞もなく、3月1日のチャンピオンCを予定している馬は今は余力を残しての調整。それでも出走してくるものは調子がいいだけに軽く扱うことはできない。今回の本命にはアアモンドグンシン。天馬賞は明らかに早仕掛けがミスを招いた。昨年度のダービー馬が世代三冠で無冠に終わってしまったのは非常に残念である。ここで巻き返してチャンピオンCで汚名返上へ。対抗にはオレノココロを。こちらも帯広記念は障害での膝折りのミスが要因のひとつ。ただ、本来の姿に完全に戻っており、このハンデ差なら実績面を考えても好勝負必至。その他では明け6歳馬のミノルシャープときっかけ掴んだメジロゴーリキの巻き返しに期待したい。

 

(競馬ブック 定政 紀宏)

 

 

ケイバブックロゴ

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

RSS

このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞