【重要】楽天を装った不審なメールにご注意ください

【開催見解】第4回門別競馬(5/30~6/7 重賞:北海道スプリントカップ[JpnIII]、北斗盃)

第4回門別競馬展望

 

 先週の赤レンガ記念は、積極的にレースを進めたスーパーステションが、2番手追走のオヤコダカの執拗なマークにヒルむことなく、最後は2着に突っ込んだドラゴンエアルに4馬身の差をつける快勝劇。コスモバルク記念に続き堂々たる重賞連覇をやってのけた。昨年は王冠賞、水沢のダービーグランプリを制した4歳牡馬が、完全に本格化の道を歩み始めた印象。さて、今開催は初日に三冠の第一弾「北斗盃」が行われ、後節4日目には統一ダートグレード競走「北海道スプリントカップ」が予定されている。なお、その6月7日の当日には、北海道が生んだスプリント女王・北風沙織さん(北海道ハイテクACコーチ/女子400mリレー日本記録保持者)をゲストに招いたイベントが行われる。

 

【重賞競走】

○5月30日12R 第42回北斗盃 H3 3歳オープン 距離1600m内回り

1.リヨ

2.ビジネスライク

3.ニッポンダエモン

4.リボース

5.エアーシャンクス

6.ミスティックリズム

7.クロスウィンド

8.ハーリーバーリー

9.ツルノシン

10.スタークニナガ

11.サザンヴィグラス

12.カツゲキジャパン

13.セユウダルク

14.ダモンデ

 

【展望】

 3歳三冠レースの第1弾。施行日が例年よりも1カ月以上も遅い日程に変更。昨年のベンテンコゾウのような他地区からの遠征馬もなく、地元馬同士の争いとなった。中心はビジネスライク。大井の東京2歳優駿牝馬はゲート内で負傷して無念の除外となったが、帰厩後、ジックリと立て直されて再出発を期した前走の稲苗月特別は、自分から勝ちを意識した競馬で後続を堂々と完封。今回と同じ内回りに照準を絞ったあたりにも、陣営の思惑が見え隠れしている。坂路は前走以上の迫力ある動きを披露しており、体調面の更なるアップも予定通り。強力な牡馬相手でも戴冠の最短距離に立つ。実績面は屈指のサザンヴィグラス。川崎で行われたクラウンカップはスタート直後の躓きが影響して大敗を喫しているが、直前の坂路では好時計をマーク。完全に臨戦態勢は整っている。岩手遠征で2勝を積み上げてきたニッポンダエモンもシャープな動きが目立っており、ここ一本に的を絞られて仕上がりも申し分なし。大勢は三つ巴の様相だが、相手なりに走れるカツゲキジャパンの食い下がりにも注意したい。

 

(厩舎の談話)

1.リヨ まだエンジン全開とはいっていない感じですが、使われながら上向いていますよ。相手なりに動けるタイプですから、流れを掴めば、差はないと思います。

2.ビジネスライク 前走は少頭数だったとはいえ、柔軟なレース運びで力を出せたのは収穫です。ここは予定通りのローテーション。更なる上積みが見込めますよ。

3.ニッポンダエモン こちらに戻ってから、ひと追い毎に良くなっています。直前の動きも満足できます。伸びしろのある馬ですから、十分に期待が持てます。

4.リボース 前走は半信半疑の心持ちだったのですが、正直、驚きました。もともと、あれくらいやれる力はあるんですけどね。内回りコースが鍵でしょう。

5.エアーシャンクス 前走は休み明けで気持ちが出過ぎた分、終いが甘くなりました。内回りも1600mも初めてですが、潜在能力はヒケを取らないものがあるはず。

6.ミスティックリズム この馬なりに状態はいいのですが、タフな馬場だとパワーの見劣りは否めないですからねえ。どこまでやれますか。

7.クロスウィンド 初の古馬との対戦でしっかりと勝ち切った前走。実績のある牡馬もいますが、3歳同士なら互角以上にやれる手応えを感じています。

8.ハーリーバーリー 粘っこい先行力が武器ですから、内回りの流れや展開はこの馬向きと思います。ポジショニングを間違えなければ、チャンスがあるでしょう。

9.ツルノシン 前走は順調さを欠く形での今季のスタートだったので、不安があったのですが、キッチリと勝ってくれたので力を確認することができました。

10.スタークニナガ 中央の500万条件に挑戦して善戦。デキの良さと実力は証明できてます。明らかに芝向きですから、門別で力を出せるかどうかは・・・。

11.サザンヴィグラス こちらに帰ってきた当初は疲れがあったのですが、順調に回復して態勢は整いました。改めてここからリスタートを、という意気込みです。

12.カツゲキジャパン 戻ってきてからの2戦同様、いい状態をキープ。相手が強くなり本質的には外回り向きかなと思いますが、デキの良さを生かします。

13.セユウダルク 連勝しているように、地力を強化しています。でも、重賞となるとメンバーが強力ですから、どこまで通用するでしょう。今後の糧になれば。

14.ダモンデ ハナに立ってしまうと気を抜く面がありますから、前に馬を見る形での先行が理想。自分の競馬ができれば、ここでも十分に可能性があるはずです。

 

○6月7日 第22回北海道スプリントカップ登録馬 3歳以上オープン 交流 JpnIII 距離1200m

(中央)

・ウインオスカー

・スノードラゴン

・ニシケンモノノフ

・ネロ

(補欠)

・テーオーヘリオス

・コパノマイケル

・ダノングッド

・ナンチンノン

・プレスティージオ

(他地区)

・コスタアレグレ 高知

・ミッキーヘネシー 高知

・ラブバレット 水沢

(ホッカイドウ所属)

・サトノプリンシパル

・メイショウノーベル

・モリデンシーザー

・コールサインゼロ

・カツゲキライデン

・シングンヴィグラス

・ディナスティーア

・トドイワガーデン

・ナリユキマカセ

(補欠)

・エーシンザピーク

・アイアンマン

 

【展望】

 統一ダートグレード競走の第1弾。現段階においても補欠馬が選定されているように、今年もフルゲートは避けられない状況。昨年、不良馬場を生かして一気に逃げ切り。レコード勝ちを収めたニシケンモノノフが今年もエントリー。前走の東京スプリントでは期待に反しているように、7歳を迎えてピークを過ぎた印象も残るが、この門別1200mは4戦3勝2着1回と抜群の相性を誇っているだけに、この中間は2連覇を目指して懸命の調整ぶり。少々、背負っても、チャンスは十分。昨秋のJBCスプリント4着のネロも同世代だが、こちらは東京スプリントでは踏ん張って3着。本来は芝向きでも、行き切れた場合の粘り強さは注目に値するだろう。昨年3着のスノードラゴンは、北海道スプリントカップは3度挑戦して[2][3][3]着。直線の長い大回りの門別は終いの切れ味が冴えている。今年で10歳になったが、展開ひとつで待望の勝利も予感。迎え撃つ地元勢だが、常連のアウヤンテプイの名が見られないのは淋しい限りで、例年に比べての一枚落ちは拭えないが、目下、1200m2連勝中のサトノプリンシパル、久々に地元に帰ってきたカツゲキライデンあたりが有望。

 

○初日11R 北海道厩務員会特別 3歳以上C1-2組以下 距離1200m

1.キンシャサノボス

2.キールアイス

3.カグラハヤテ

4.パープルハート

5.セミプレナ

6.ザストリート

7.モリデンマンボ

8.レオンマテラ

9.キョウエイテンマ

 

【展望】

パープルハートは昨年、中央から転入していきなり3連勝。その後、園田へ転戦して今春に戻ってきたわけだが、C3以下、C2以下を文句なしの強さで連勝。門別に限れば負け知らずの5連勝を達成している。さらにクラスは上がって、いよいよ試金石を迎えた格好だが、デキの良さと勢いで難なく突破するだろう。実績面ではレオンマテラが最右翼的存在だが、ここは7カ月ぶりの実戦となる分を割り引いて対抗格。叩かれつつ良化を辿ってきたキョウエイテンマ、叩き2走目の上積みが見込めるセミプレナも圏内には欠かせない。

 

(厩舎の談話)

1.キンシャサノボス 少し上向いてきましたが、まだ上位を狙える感じはありません。善戦できれば。

2.キールアイス この2戦とも全くいいところがないですね。このクラスでは力が足りないのでしょう。

3.カグラハヤテ まだ本物ではないですが、使いながら動きは良くなっています。もう少し動けるはずです。

4.パープルハート 前走は時計こそ詰めていませんが昇級戦を完勝。自在性に成長を感じます。

5.セミプレナ 前走を叩かれての良化は窺えます。このクラスで十分にやれる実力の持ち主です。

6.ザストリート 力は足りると見ていますが、まだピリッとした脚を使えない。距離短縮は大丈夫だと思う。

7.モリデンマンボ 体調に関しては問題ないところですが、前走は気難しい面も見せてしまいましたから。

8.レオンマテラ 今季緒戦で多少のハンデは覚悟していますが、休み明けは苦にしない。仕上がり上々です。

9.キョウエイテンマ 叩いた前走は追ってからの反応を見せてくれました。もう一歩前進を見込んでいます。

 

(競馬ブック・松本英博)

 

 

ケイバブックロゴ

 

初めてご利用される方
楽天会員に登録(無料)して対象サービスを利用すると、楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは、楽天市場でのお買い物に利用できる他、便利な機能がお使いいただけます。

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

楽天競馬モバイル

RSS

  • SBC(スタートボーナスチャンス)
  • NBAを見るならRakutenTV最大31日間無料キャンペーン
  • サンスポZBAT!競馬
  • Line@はじめました
  • 毎日最大3ポイント貯まる!無料メッセージアプリVIber
  • 地方競馬ナイン
  • 楽天競馬レース映像の3つのポイント
  • サラブレッドオークション
  • 楽天宝くじ
  • TOTO / BIG
  • 楽天銀行
  • 楽天brandavenue
  • お知らせ 不審なメールにご注意ください
このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞