【笠松】第6回笠松競馬「アルプスシリーズ」開催自粛のお知らせ


【開催見解】第24回園田競馬後半・第25回園田競馬前半(1/29~2/1)

 1週間前に行われた高知競馬場での全日本新人王争覇戦、総合優勝は大井藤田Jで兵庫県から参戦の田村、長谷部、永井Jは7、8、11位という結果に。ただ、ジョッキー人気が加味されるレースとは言え彼らの乗った2鞍は田村⇒10・6番人気(4・10着)長谷部⇒11・3番人気(8・5着)永井⇒12・12番人気(9・6着)だからまずは頑張った、チョットだけ乗り馬に恵まれなかったと言うことだろう。それでも3人ともシッカリ乗るようになった、今年、成績はどれほど伸びるのか、楽しみである。

サテ29日は川崎競馬場に於いて昨年のJRA、地方リーディングジョッキーが集う『佐々木竹見ジョッキーズグランプリ』2018全国リーディングの金看板を背負って吉村Jが初参加、果たしてどんな結果が待つのか。応援よろしく。

 

 園田競馬、今週は火~金曜(29~1日)までの4日間開催で期間中のメインは31日に行われるA1級の1700m戦。出走予定馬のなかにマイタイザン、そう昨年の兵庫県年度代表馬である。前走後も緩めずシッカリ乗っただけに態勢は万全、不動の本命馬と言っていいだろう。キクノストーム、エイシンミノアカは転入初戦。能検の感じからは太め感なし、いきなり力上位を見せつけるかも。エイシンホクトセイは土屋厩舎へ移っての転厩初戦、新春賞時よりは戦いやすいメンバーになっただけに当時(4着)以上も十分か。そしてそしてA2級2連勝の勝ち振りが圧巻だったメイショウオオゼキ、初めてのA1級でも即通用しそう。

 

 29日はB1級の1230m戦がメイン。ハナを主張したい馬が3~4頭いるだけに予想されるのは先行激化、展開を考えれば差し馬狙いがベターだが、果たしてどんな形になるか。アイアイハッピーは先行タイプも場合によっては差しに回ることも可能、加えて下原Jとの相性がいい。イン差しを警戒したい。アポストルは叩き2走目4着、2走前のように掛かることもなかったし、落ち着いたレースができるようなら更なる前進十分。ヒトモジノグルグルは乗り込み強化、3~4番手でうまく流れに乗りたい。ヴィランドリーは追ってからが案外も今回は主戦の田中J。

 

 30日はA2級の1400m戦がメイン。目下5連勝中モズフレミントンはまさに強くなる一方、距離の長短も不問だし、この調子ならA1級に入っても即勝ち負けになることだろう。単不動。2着争いは追ってからの伸び鋭いウインベントゥーラが筆頭、今のタフな馬場も向きそう。タガノグロリオーサは手ごたえの割りに伸びずの競馬続きもブリンカー着用でどう変わってくるか。キザシ、シーズアレインボーも複勝圏内なら十分。

 

 1日はB1級の1400m戦がメイン。相変わらず調子がいいのはチェリーベアハートにエイシンエール。この2頭を軸にどんな流れにも対応できるロータスガーデン、距離を変えて仕切り直しのラピッドハーバーを加えてみてはどうか。

 

 

(文:競馬キンキ 北防 敦)

 

競馬キンキロゴ

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

RSS

このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞