スマホ版オッズ投票がリニューアル!  詳細はこちら!


【開催見解】第26回園田競馬後半・第27回園田競馬前半(2/19~21 重賞:園田ユースカップ)

3年前の花博公演、確かこのとき象がいたのだが、今回の大阪駅前うめきた公演にはいなかった。更にもっと昔現ヨドバシカメラ梅田が建つ前の大阪公演にはキリンもいた(花博時もいたかも)が一体どうなったか。動物好きからすると少し物足りないが、ライオンのボケ芸は見事。他の演目も以前と殆ど変わらないのだが、気が付くと見入ってしまっている木下大サーカス。まさに素晴らしいのひとことに尽きるエンターティナー集団、千秋楽までにもう一度行こうと決めている。勿論、競馬もエンターティナー集団。先週木曜日、名古屋梅見月杯に遠征したマイタイザン&杉浦Jの強かったこと、たとえカツゲキキトキトが出走していても勝っていたのでは…。馬体も一段と良くなっていたし、次走名古屋大賞典が楽しみでならない。また同日、園田ではウインターカップ、ナチュラリー&笹田Jの逃げ切りもまた見事、アチコチでエンターティナーが出没したのであった。サテ今週の園田競馬は通常通りの火、水、木曜(19~21日)の3日間開催で期間中のメインは21日に行われる園田ユースカップ。休止期間が長かったため実に7年ぶりの開催、しかし、これまで通り勝ち馬にはアーリントンカップ出走権が与えられる。人気を集めそうなのはロードカナロア産駒ジンギ、デビューから1・2・1着は実にハイレベル、相当なセンス秘める。テンマダイウェーヴは現在のところ世代No.1。前走の笠松遠征はポジションを取りに行った分、チグハグな競馬になっただけ、見直せる。バンローズキングスは転入後3連勝中、相手強化の前走でもなかなか強く勝ったし、まだまだ奥があるのかも。そのときの2着がハーキーステップ、常にもうひと押しもレースは巧い、まず大きく崩れることはないだろう。

 

20日はA1級の1700m戦がメイン。一線級が不在だけにどの馬にもチャンスがありそうな一戦。転入初戦エイシンビジョンはJRA4勝、昨年2走しか使われていない点が気になるが、能検は上々の動き、太め感もなさそうだし、いきなり実力発揮か。トウケイアローは久々の1700m戦がどう出るかだが、過去には3着2度、許容範囲内だ。メイシヨウヨウコウも内でうまく脚を矯めれるようならチャンス。タガノヴェリテは金盃、新春賞と期待を裏切ったものの今度はベストと思える1700m、巻き返し十分だろう。

 

19日はB1級の1400m戦がメイン。前走の1・2着モズキングタイド、エリンソードに追い切り好時計の昇り馬エフヨンエフがどこまで迫っていくのか。ひとまず三つ巴戦とみる。

 

 

(文:競馬キンキ 北防 敦)

 

 

 

競馬キンキロゴ

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

RSS

このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞