【重要】3月7日楽天競馬ファン感謝デーの中止について 詳細>

【開催見解】姫路競馬(2020/1/15~17)

 JRA桜花賞TR出走権を賭けた園田クイーンセレクションはステラモナークが(2)着馬に7馬身差を付けて逃げ切った。明らかに時計の出る馬場状態だったが、1分27秒7は見事なまでのレースレコード。1走毎に走りが良くなる、強くなるモナーク、今後もご注目頂きたい。

 

サテいよいよ姫路競馬である。耐震工事、調整池の工事が長引いたため実に7年半ぶりの開催。一体馬場はどうなっているのか、レースをやってみないことには分からない部分も多いが、先月行われた模擬レースに騎乗したジョッキーからはクッションが良くて走りやすいの言葉が返ってきた。どうやらいい感じに整備されてみたいで。で、その模擬レースに騎乗したのは小谷、松本、松木、大柿、高畑、石堂の6騎手。それぞれに何かポイントを掴んだはず、アドバンテージを生かしたいところだろう。まずは15~17日(水から金曜)までの3日間、どうぞお楽しみ頂きたい。

 

期間中のメインは15日に行われるA1A2級混合の1500メートル戦。注目は移籍初戦完勝のパイロスター。2角を回った際にはややズブさを見せたもののエンジンがかかってからは反応一変。背は1キロ増の57になるが、あの内容、実績からもまず問題はなさそう。対抗格がエイシンミコノス、前走がやや窮屈になりながらも(2)着、58キロにも慣れてきただけにソロソロ差し切りがあっても…。タガノカピートは追い出してからに甘さを残すものの相変わらず調教での動きはいい。好枠を引いただけにうまく先手が取れるようなら。タラニスは敢えて間隔を開けてシッカリ乗り込んだ。追い切りも好時計。

 

16日はB1B2級混合の1500メートル戦がメイン、注目馬は2頭。まずは前走完勝のアーチデューク。とにかく勝ち振りが良かっただけにまだまだ伸びる要素タップリ、58キロ克服だけだろう。そして昨年の最優秀3歳馬に輝いたバンローズキングス、先月3日の直接対決ではアーチにコンマ1差遅れたが、追い切りの動きからも今回の方が状態がいいことは間違いない。他場遠征等で輸送慣れしている点も強調材料に。格下ながらもエイシントカチ、ツルノシンあたりも上昇ムードで。

 

17日はB1級の1400メートル戦がメイン。地力拮抗だが、とりあえずは前走内容良かったコスモバレット中心か。スローペースに泣いたイーリスの反撃も」十分だし、折り合いさえスムーズならホクセツプリンスの台頭も十分。マイネルネッチもソロソロ調教の良さを発揮したいところだし、リッカサンサンの楽逃げも警戒しないと…。

 

(文:競馬キンキ 北防 敦)

 

競馬キンキロゴ

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

RSS

このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞