【開催見解】第8回水沢競馬(11/25~12/4 重賞:プリンセスカップ、北上川大賞典)

 平成29年度の第8回水沢競馬は11月25日から前半3日間、12月2日から後半3日間の計6日間開催される。

 

 前半週の最注目レースは2日目(26日)に行われる、2歳牝馬による地方全国交流競走・重賞『グランダムジャパン2歳シーズン第6戦・第34回プリンセスカップ』ダート1400m。フルゲート=12頭に対して登録馬は14頭。
 まずは6頭すべてが道営馬となった遠征勢から。編成順に、アンフィーサは5月24日のデビュー戦から7戦3勝。すべて1200mの新馬、オープン、JRA認定競走で勝利。ある程度の位置につけての差し脚を武器とするタイプで、重賞好走歴はないが、侮れない存在になりそう。
 エグジビッツは東京2歳優駿牝馬や浦和桜花賞など重賞6勝の名牝・モダンウーマンの全妹。5月3日のデビュー戦から8戦2勝。1000mの新馬戦から徐々に距離を延ばし、6戦目の園田プリンセスカップ(園田1400m)で8番人気の低評価を覆して3着に好走すると、続く金沢シンデレラカップ(金沢1500m)を5番人気ながら鮮やかに逃げ切り勝ち。前走のラブミーチャン記念(笠松1600m)は1番人気で3着と敗れたが、3戦連続グランダムシリーズで勝ち負けを演じ、ただいまポイントランキングでトップに立っている。先行基本のタイプで、この馬を巡ってレースは流れることになりそう。
 サラヒメは6月8日のデビュー戦から6戦3勝。ここまで4着以下は1度もない。門別では短距離だけを使われてきたが、前々走の園田プリンセスカップを勝ち、1番人気に支持された前走の金沢シンデレラカップは前記・エグジビッツの3着と敗れたが、距離には十二分に対応できている。エグジビッツとは2戦して1勝1敗。前を走った方がそのまま押し切っている形だが、今回はどうなるだろうか?
 パキラパワーは8月9日のデビュー戦から4戦2勝。1000mの新馬戦→1200mのオープン特別を連勝して挑んだエーデルワイス賞(Jpn3)は6番人気で4着。今年は道営勢が中央馬を蹴散らして掲示板独占となったが、中団から渋太く食い下がって、その一角を担った。続く牝馬重賞・ブロッサムカップ(門別1600m)は1番人気に推されたが7着と凡退。敗因が距離だとすれば、今回、距離短縮はプラス材料ということになる。
 ヒロは6月8日のデビュー戦から7戦2勝。2戦目の未勝利→3戦目のJRA認定競走と連勝してから馬券の対象となっておらず、ややスピード負けしている印象だが、金沢シンデレラカップを6番人気で5着、ブロッサムカップは12番人気で6着。位置どりが悪いながらも渋太く食い下がっており、混戦になるようだと直線台頭してくるかもしれない。
 マサノスマイルは6月15日のデビュー戦から8戦2勝。1000mのJRA認定競走、オープン特別を勝ち、牝馬重賞・フルールカップ(門別1000m)2着。スピードで押すスプリンタータイプと思われていたが、エーデルワイス賞(Jpn3)7着、マイルのブロッサムカップ4着となかなか健闘しており、一介のスピード馬ではない模様。小回り・水沢コースではうるさい存在になりそうだ。
 地元勢。このレースが交流競走となったここ5年の地区別勝利数は道営2勝、岩手2勝、浦和1勝。互角の戦歴だが、今回は遠征勢が強力。頼りは道営からの移籍緒戦を9馬身差で圧勝したスターギアになりそう。他ではシグラップアモーレ、そしてダート適性が鍵になるがピーベリー、コウギョウカナリアに未知の魅力が。

 

 後半週の最注目レースは5日目(3日)に行われる、3歳以上オープン馬による岩手競馬最長距離の伝統重賞『第40回北上川大賞典』ダート2500m。フルゲート12頭に対して登録馬は12頭。
 初冬の水沢の名物重賞だが、今年の登録馬でこの距離の経験があるのはコミュニティのみ。そのコミュニティはこのレースに3年連続出走し、3,2,3着と実績を残してきたが、今年はここまで7戦0勝と不振。難しいレースになりそうだ。
 コスモジョイジョイは今夏からオープンの重賞戦線に顔を出し、すずらん賞2着、青藍賞3着、絆カップ4着と近況の充実度は今回のメンバーの中で断然。ただし、これらの重賞はすべてマイルが舞台であり、2000mを超えるような距離は未知数。
 3歳の雄・キングジャガーは前開催のダービーグランプリ11着。全国の強豪相手に大きな着順となったが、果敢に先手をとり、勝ちに行ったものだけに大敗でも価値はある。古馬と初顔合わせとなるが、この馬から狙う手も十分にある。
 距離に自信ありと目されるのはプリンスダムとダイワエクシード。ともに中央在籍時に東京ダート2100mで勝ち星がある先行型。小回りの長距離戦向きのタイプだ。
 そして興味深いのは芝長距離の王者・サンエイゴールドが登録してきたこと。盛岡芝2400mの重賞は4戦3勝。距離への自信は揺るぎないが、ダートはデビューから4戦して3,4,8,7着。昨年の4月からダートは使うことすらしていないが、今後の方向性を占う意味でも、どんな走りを見せるか注目したい。

 

 

(文:エイカン 内山達明)

 

岩手 エイカン

 

初めてご利用される方
楽天会員に登録(無料)して対象サービスを利用すると、楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは、楽天市場でのお買い物に利用できる他、便利な機能がお使いいただけます。

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

楽天競馬モバイル

RSS

  • SBC(スタートボーナスチャンス)
  • NBAを見るならRakutenTV
  • サンスポZBAT!競馬
  • Line@はじめました
  • 地方競馬ナイン
  • 楽天競馬レース映像の3つのポイント
  • サラブレッドオークション
  • 楽天宝くじ
  • TOTO / BIG
  • 楽天銀行
  • 楽天brandavenue
  • お知らせ 不審なメールにご注意ください
このページの先頭へ

本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞