【開催見解】第3回笠松競馬(5/8~12)

2017年5月7日

第3回笠松競馬「鵜飼シリーズ」は5月8日(月)、10日(水)~12日(金)の4日間開催。順に各日のメインを紹介していきたい。

 

初日はB-1組「鵜飼特別」。ここは前走が強かったメガホワイティ。4走前にこのクラスにもメドがついているし、外枠なら変幻自在に対応してくれそうで、軸にはぴったりだ。対するマラカイトスターも前走、好時計勝ちして勢いは十分。きっかけをつかんだだけに連勝の目も。単穴はマユノジャスター。末脚に定評のある馬だが、それにしても前走はよく切れていた。他では名古屋から参戦したアグネスザルーツ、先行しぶといラフレシア、リズヴェーリョなど。

 

2日目はA-3組・中央500万「初夏特別」。中央優位の鞍だが、今回の地元勢にはチャンスがありそうな馬がちらほら。オープンで勝ち負けできるハイジャ、ナスノアオバを筆頭に、キングスクルーザーやカラジャスも決め手があり3着なら可能性を秘める。ただ、順当に狙うなら500万条件で好勝負を演じているカバトット、フラワーファーストを中心に、叩き2走目で臨むリヴァイタライズ、距離が合いそうなジャーマンアイリスなど、やはり中央馬になるか。なお、本日は「2017ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)トライアルラウンド」が2鞍用意されているので、こちらもどうぞお楽しみに!

 

3日目はB-6組「屋形船賞」。近走の充実ぶりからすると、ヴィストーソが勝利に一番近い存在か。距離不問、展開不問のレース巧者で今、気配もなかなか目立つ1頭だ。馬券は相手探しに没頭したいが、条件が緩和したシエロアスール、堅実な取り口が魅力のキャニオンカメリアあたりが一歩リードしている印象。平均ペースに強そうなカツゲキエース、再転入してきたスーパーフレアもヒモ穴に一考したい。

 

4日目は東海クラウンだが、人気の中心はゴールドブラザーだろう。すでに実績を出している鞍だが、とにかく2走前が強かった。一線級不在のオープンなら力が違うと思われるし、ここもきっちり答えを出してきそうだ。相手はマッシヴヒーローに注目。1400mは初戦で好時計勝ちしているように適性十分だし、中央2勝の実績なら互角の評価が必要だろう。他には好調さでカンテラガール、距離魅力のトキノベラトリクスなど。

 

 

(文:競馬東海 寺澤 正勝)

 

競馬東海

初めてご利用される方
楽天会員に登録(無料)して対象サービスを利用すると、楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは、楽天市場でのお買い物に利用できる他、便利な機能がお使いいただけます。

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

楽天競馬モバイル

RSS

  • SBC(スタートボーナスチャンス)
  • サンスポZBAT!競馬
  • Line@はじめました
  • 地方競馬ナイン
  • 楽天競馬レース映像の3つのポイント
  • サラブレッドオークション
  • 楽天宝くじ
  • TOTO / BIG
  • 楽天銀行
  • 楽天brandavenue
  • NBAを見るならRakutenTV
  • お知らせ 不審なメールにご注意ください
このページの先頭へ

本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞