【重要なお知らせ】3月23日(土)の発売はいたしません

【重要なお知らせ】3月22日(金)サービス終了後、全会員様一括精算します

【開催見解】第17回笠松競馬(1/8~11 重賞:白銀争覇)

2019年1月7日

 第17回笠松競馬は1月8日(火)~11日(金)までの4日間、「新春シリーズ」が行われる。では順に各日のメインを紹介していきたい。

 

 初日はB-1組の「新春特別」(1600m)。ひと叩きされたコパノジャクソンの前進に期待。攻め馬の動きは良化しているし、この鞍は以前に連勝した実績もある。展開も向きそうで、今回は勝ち負けに持ち込めそうだ。ストロベリーキングもいいところだろう。豪快なマクりが持ち味で、初戦の脚が使えれば好勝負必至。他ではハナは譲らないリボンナイト、すんなり先行できればメモリージュネスやホープライズも圏内へ突入していいだろう。3着の穴は好調デルマチョウスケ。

 

 2日目はA-3組の「福寿草特別」(1600m)。人気の中心は当地(10.1.1.0)のカイシュウキリシマ。いずれはオープンでも勝ち負けしてきそうな素材で、3組なら正攻法で押し切れるだろう。対するシェアードもスピード的には互角。無理使いのないローテにも好感が持てるし、ペース次第では逃げ切りも。単穴は折り合った時のセブンサムライ、好時計を連発しているオースミチャド。東海ゴールドカップで3着と大穴をあけたカガノカリスマも相手なりで、軽くは扱えない。

 

 3日目はシリーズメインでもある北陸・東海・近畿交流の重賞「白銀争覇」(1400m)。各馬の力量が接近してなかなかの混戦模様だが、昨今の傾向からすると兵庫の2頭は外せない。2走前に兵庫クイーンカップを勝ってムードがいいナナヨンハーバー、くろゆり賞に続いての遠征となる兵庫ダービー馬ブレイヴコールはともに勝利を意識しての出張だろう。迎え撃つのは1400mに絶対の自信を持つ名古屋ウォーターディル。持ち時計を更新して勢いのあるストーミーワンダー、転入戦となるタイセイバンデットやノブイチも底力があり、仕上がり次第では好走も可能だろう。4歳馬サムライドライブもこの距離で変わる可能性は十分だ。

 

 4日目はC-1組の「ことぶき特別」(1400m)。この鞍を連勝しているのはヒロノオウカン。距離の長短は問わないし、展開も不問。出来も安定しているとなれば、下手に逆らわない方がいいだろう。これと人気を二分しそうなハービーボンズも虎視眈々。強烈な決め手を持っており、叩き合いに持ち込めば逆転も可能か。単の狙いはともかく、連に欠かせないのはスピード上位のレイデマーと、自在性があるサンマルアナザー。ゴッドミラクル、クリノハプスブルクも安定感があり、ヒモには押さえておきたい。

 

(文:競馬東海 寺澤 正勝)

 

 

競馬東海

 

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

RSS

このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞