【開催見解】第4回名古屋競馬(5/16~19)

2017年5月15日

 第4回名古屋競馬は5月16日(火)から19日(金)までの4日間開催。次の第5回とは2週連続開催となっているため、全クラス、賞金順の編成で組まれています。では、初日からメイン競走を紹介していきましょう。

 

 初日のメインはB級馬による「流星特別」(800m)。6月20日(火)に行われる「名古屋でら馬スプリント」の参考競走となっています。実は今開催にはA級、C級、3歳戦の参考競走も予定されていましたが、他の競走は申し込み馬が8頭に満たず、レース自体の編成がなくなった経緯があります。それはさておき、このレースは地元4頭の競馬とみていいでしょう。中でもテンに仕掛ければ一番速そうなのがトーホウハンター。普段は折り合いに気を遣う競馬をしていますが、この距離なら遠慮は要りません。メイショウフライキは移籍時の坂口義師のコメントが「でら馬を目標にトレードしてきた」という韋駄天。ハナ争いが見ものです。他にも坂口勢2頭、戦歴のほとんどでハナを譲ったことのないゴールドサミット、高知からの移籍初戦となるベルヴィサージュにも注目でしょう。

 

 2日目はJRA3歳未勝利条件との交流「名古屋CCメロン賞」(1400m)です。JRAからは新馬戦で1桁着順に入っている馬が4頭。中でも2戦目で3着となっているシュプリームゾーンが人気に推されそう。以下、グランフィーユ、ナムラヘラクレス、チタノプリンセス。また、前走の金沢の交流で2着となって、他馬より先んじて地方馬場を経験しているリムーブザリミットも有力でしょう。迎え撃つ地元勢は休養から復帰後を連勝中のアルティマックス。ただ、勝ち時計が1分31秒を切るようなレベルだと、情勢は厳しそう。JRA優勢のスタンスで今回も良さそうです。

 

 3日目はA-3a組の「カーネーション特別」(1600m)。順調なローテで使えるマルカンパンサー、暑くなって状態が上向いているサマーサラファンが主力を形成しそう。本来ならキタノシャーロットの機動力も怖いのですが、今回に関してはひと息後だけに当日の気配次第になりそうです。決め手争いになればブランニューの出番。とにかく確実に脚を使えて崩れ知らずなのがいい。他には前走は消極的な競馬に終わったサザンキングなど、伏兵陣も多彩です。

 

 4日目は「エメラルド特別」(1600m)。今開催はオープンが組まれていないため、A-2組のこの競走が最上位となります。とはいっても、顔ぶれは実質オープン馬によるもの。ただ、現時点ではヴェリテ、サンデンバロン、ハナノパレードと出走すれば重い印がつきそうな馬たちの出否が未定です。出走予定の馬の中では、前走の昇竜杯で際どい競馬ができたヴェリイブライト。逆にいいところなしに終わったカツゲキライデンがどう巻き返すか。ワンダフルタイムは自分のペースに持ち込めるかどうかでしょうか。

 

 

(文:競馬東海 寺澤 正勝)

 

競馬東海

初めてご利用される方
楽天会員に登録(無料)して対象サービスを利用すると、楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは、楽天市場でのお買い物に利用できる他、便利な機能がお使いいただけます。

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

楽天競馬モバイル

RSS

  • Line@はじめました
  • 地方競馬ナイン
  • 楽天競馬レース映像の3つのポイント
  • サラブレッドオークション
  • 楽天宝くじ
  • TOTO / BIG
  • ケンコーコム
  • 楽天銀行
  • お知らせ 不審なメールにご注意ください
このページの先頭へ

本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞