【開催見解】第17回佐賀競馬(11/19~12/4 重賞:カペラ賞、久住山賞、雲仙岳賞)

2016年11月18日

第17回佐賀競馬は11月19(土)20日(日) 26日(土)27日(日) 12月3日(土)4日(日)の6日間で行います。

 

注目のレース【1日目】11月19日(土)

第4回JRA認定カペラ賞(S2) サラ系2歳OP 1400m

 

11月19日(土)のメインはカペラ賞。2歳JRA認定競走。1400m。12頭立て。

【ハクユウロゼ】は連勝後のJrチャンピオンは4着。勝ち馬は強過ぎたが、上位の走りは見せたし、器用に立ち回れる脚も評価出来る。先手取るスピードも持っている。キッチリ決めたい。

【モスフラワー】は移籍初戦はスーパーマックス相手だったが、2着は確保。2戦目は更なる上積みも見込めるはずだ。位置取りはカギとなるが、最後も使っていた。差のない勝負出来そう。

【ガブリキック】は移籍後は5戦4勝。今度は相手も違うし、簡単には行かないが、前走は2番手で折り合っての勝利。力つけているし、位置が取れると力出し切れる。粘り込み注意したい。

【アイディアルレディ】は佐賀デビュー馬。連勝決めてようやく力を出せるようになってきた。佐賀では馴染みの良血馬。相手は強いがここでの走りも楽しみ。

【マリノピュアハート】は長い距離では息が持たなかったが、距離短縮なら変わり身は考えたい。それでもメンバーは揃っている。何処までやれるか。

2強対決ムードも伏兵馬注意。

 

【2日目】11月20日(日)

初冬特別 サラ系B-1組 1750m

 

11月20日(日)のメインは初冬特別。B-1組特別。1750m。8頭立て。

【コウザンゴールド】はB特別へ戻ると力が違い過ぎる。前走は1.7秒ちぎる圧勝で16勝目を挙げた。状態さえ維持出来ていれば崩れる事はないし、今度も先手取るだろう。不動の中心馬。

【テイエムマケンゲナ】は3歳馬で確実に力つけている。前走は積極的に前について行くも、最後が伸び切れなかったが、相手関係を考えれば上々の内容。2番手評価も。

【ダノンミル】は前走が意外だったが、B特別を勝った力量だし、流れさえ巧く行けば圏内狙える。崩れもないタイプで、最後はキッチリ詰めて来る。

【コスモポッポ】はひと息入れての出走。力で上位の存在だし、重め残りがなければ2番手は確保出来る実力。追い込みタイプも末脚は力強い。圏内狙える。

【テイエムトッピモン】は前走が不発。この特別でも上位の走りは出来ていた馬だ。3組戦勝って疲れも残っていたのかも。状態が戻れば伏兵馬以上の実力。

コウザンゴールド中心も次着混戦。

 

【3日目】11月26日(土)

雪待月特選 サラ系C2-1組 1400m

長崎街道塚崎宿特選 サラ系C1-2組 1750m

第3回久住山賞(S2) サラ系3歳以上OP 1400m

 

11月26日(土)のメインは久住山賞。Bクラスメンバー。1400m。12頭の登録。

【サプール】が船橋で2勝を挙げて帰ってきた。直前は浦和B3三特別で2着。時計差ない接戦だった。状態の良さも伺えるし、佐賀B特別だと通用する戦歴。いきなり好勝負。

【ダンシング】はようやく勝ち味も出てきたし、前走は2番手の流れでベストの走りを見せた。終いの脚も強烈だし、今の好調振りだと不安はない。ここも勝ち負け。

【コウギョウハンサム】は移籍後は5、3、1、4着。今度は1400m戦を選択した。スピードはあるし、この距離の方が合う印象も受ける。最後の脚もしっかりしている。渋太そう。

【サカジロビューティ】移籍初戦は5着。思った走りではなかったが、4番手で揉まれたのが敗因か。逃げ・2番手の位置が取れると変わる。

【モリデンボス】は門別2勝・大井2勝を挙げている。直前は門別A2特別駆け。実績で上位だけに初戦からやれそうだが、1400m戦のスピードについて行けるかだ。

順調さからもサプール・ダンシングの闘いとなりそうだが、伏兵馬も多数。

 

【4日目】11月27日(日)

九州軽種馬協会協賛 たんぽぽ賞チャレンジトロフィー サラ系2歳九州産 1300m

カシオペア座特選 サラ系C2-2組 1800m

トパーズ特選 サラ系C1-1組 1400m

 

11月27日(日)のメインはトパーズ特選。C1-1組 1400m。11頭の登録。

【ネオリアライズ】が能力の高さ見せた。37秒台の上がりで快勝と言える内容。あの脚はこのクラスでは一歩抜けている。上を狙える馬だ。連勝決める。

【シゲルワッショイ】は休み明けを叩いた上積み見込める。前走でも4着には迫っていたし、本来の脚が使えれば連対は確保できる。流れも向きそう。

【ホーマンビジュー】移籍後は2、6、3着。1400m戦だと崩れてないし、前走は末脚使ってのもの。あの感じだと何処からでも競馬出来る。上位に食い込む。

【ルナーリンガス】3組を快勝して、再び1組特選へ入った。ここだと相手は強いが、控える競馬で抜け出せたのは評価できる。好位置で流れに乗りたい。

【ライオンクイーン・ジョニーギター】の折り合いはカギとなる。共に抜群のスピード持っているし、枠で流れが決まりそう。粘り込みは注意。

【スループオブウォー】は初戦が今一つ。JRA時の戦歴からは通用する力量。2戦目の変り身期待。

前走の内容だとネオリアライズが抜けている。

 

【5日目】12月3日(土)

神楽酒造(株)協賛 ひむかのくろうま賞 サラ系C1・2 1400m

第4回雲仙岳賞(S2) サラ系3歳以上OP 1800m

 

12月3日(土)のメインは雲仙岳賞。A1・2 1800m。10頭の登録。

【マサヤ】は佐賀へ帰ってきての初戦を快勝。一線級OP馬相手だけに評価できる。逃げるスピードも見せたし、この距離だと佐賀No。1かも。ここも主役。

【ヴィルトグラーフ】は前走は勝ち馬トランザムスターに0,7秒差の2着。上がりで負けてなかったが、57kが堪えているのか差を詰めることができなかった。斤量との闘い。

【コスモガラサ】は前走が意外も、2・3走前が長い距離を使っていただけに、1400m戦のスピードに対応できなかった印象。今のOPメンバーだと、この距離が合うかも。

【コウユーヒーロー】は3着が続いている。最後は使っているし、走りは悪くないが、勝ち負けとなると厳しい印象。4番手評価。

【シンゲツ】は前走は3着は確保したが、内容的には今一つ。夏場に比べるとメンバーも揃っているし、今のOPは楽ではない。

上位3頭の闘いとなりそうだが、充実しているマサヤが一歩リード。

 

【6日目】12月4日(日)

新燃岳特別 サラ系A1・2 1400m

 

12月4日(日)のメインは新燃岳特別A1・2 1400m短距離戦。11頭の登録。

【キョウワカイザー】は前走は6番手の流れで抜け出した。4角までは届かない位置だったが、直線だけで抜け出したのは流石。状態さえ維持していれば崩れない。

【トランザムスター】は移籍後は2、1着。前走は1800m戦での勝利だったが、初戦はこの1400mでコウユーサムライに0,5秒差。評価できる内容だし、状態も上向いている。

【テイエムチカラ】は復帰後は3、2着だが、スピードで断然。最後が今一つだが、叩きつつ上向いているのも確かだ。いい頃の走りだと差はない。

【メイショウインロウ】は移籍4戦目。思った走りが出来てないが、JRA時は1600m芝で2勝。この距離が合うかも。

【ダイワアズール】が調子を上げてきた。前走のように2番手が取れると力出し切れる。外枠歓迎タイプだ。

2強対決だが、テイエムチカラも上向くはず。上位混戦。

 

 

(文:全国公営競馬専門紙協会 田中宏信)

 

競馬日本一ロゴ

 

 

初めてご利用される方
楽天会員に登録(無料)して対象サービスを利用すると、楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは、楽天市場でのお買い物に利用できる他、便利な機能がお使いいただけます。

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

楽天競馬モバイル

RSS

  • Line@はじめました
  • 地方競馬ナイン
  • 楽天競馬レース映像の3つのポイント
  • サラブレッドオークション
  • 楽天宝くじ
  • TOTO / BIG
  • ケンコーコム
  • 楽天銀行
  • 楽天銀行
  • お知らせ 不審なメールにご注意ください
このページの先頭へ

本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞