【開催見解】第12回佐賀競馬(10/7~10/15 重賞:耶馬溪賞、九州ジュニアチャンピオン、五ヶ瀬川賞、九州大賞典)

2017年10月6日

第12回佐賀競馬は10月7日(土)8日(日)9日(祝月)14日(土)15日(日)の5日間で行います。

 

注目のレース【2日目】10月8日(日)
未来優駿2017佐賀新聞社杯JBC協会協賛 第28回JRA認定競走九州ジュニアチャンピオン(S1) サラ系2歳OP 1750m
【ザワールド】デビュー戦は大差勝ち。その後も快勝で連勝決めたが、夏休養明けの前走はゴール前で息が上がっての2着。それでも勝ち馬とは0.1秒差。ひと叩きして本番では走りも違って来る。兄スーパーマックスに続いて、今年の九州ジュニアチャンピオンは兄弟連覇。
【ムーンパスイエロー】前走は最後方からの展開も最後は3着まで迫った。展開を考えると内容では負けてなかったし、本番は前走以上にやれるはず。ザワールドとの再対決が楽しみ。乗り込みも意欲的。
【キングランシーン】前走シリウス特別(ST)の勝ち馬。折り合う競馬で差し切ったのは驚いた。吉田騎手の巧騎乗が好結果に繋がったと思える。この馬も底を見せてないし、上記馬と差はない。
【エリザベスセーラ】前走でも5着には食い込んだし、急激に力をつけている印象。小柄な牝馬だが、乗り込みも熱心。今の好調振りだと前走以上も狙えそう。
【エコーズスリー】2ヶ月半程レース間隔が空いた。直前の動きはスムーズだったが、この距離で息の入りがどうかだ。素質はある馬だけに軽視はできないが。
注目のザワールドに立ち向かうムーンパスイエロー・キングランシーンの土井勢。順当に決まりそう。

 

【1日目】10月7日(土)
第5回邪馬渓賞(S2) サラ系3歳以上OP 1400m

10月7日(土)のメインは邪馬渓賞。Bクラスメンバー。1400m。10頭立て。
【シゲルクロマグロ】夏場に比べると随分と走りも良くなってきた。前走は3組で相手にも恵まれたが、0.9秒ちぎる圧勝だったし、時計も立派。ここでも主力。
【ケンシベリーノ】前走の900m戦は速さで一歩抜けていた。最後は息も切れたが、久々を考えると仕方ない。この距離でもやれるし、南関東12勝の実績上位。
【トモジャクール】前走の900mでも最後は詰めていたし、底力も感じる馬だ。この特別でも崩れてないのは評価出来るし、位置が取れると差はないだろう。
【カゼノシッポ】スタートは巧くないが、押してからの行きっぷりは流石。馬体重増を考えると頑張った方だと思えるし、2戦目の上積みは確か。軽視出来ない。
【コウザンヒキリ】前走はハードに鍛えられていたぶん、反応も良かった。状態は維持してるはずだし、今度も強烈な脚使いそう。経済コースで鋭く伸びる。
好調さからシゲルクロマグロ期待。伏兵は好気配コウザンヒキリ。

 

【2日目】10月8日(日)
未来優駿2017佐賀新聞社杯JBC協会協賛 第28回JRA認定競走九州ジュニアチャンピオン(S1) サラ系2歳OP 1750m

 

【3日目】10月9日(祝月)
りんどう特別 サラ系B-2組 1800m

10月9日(祝月)のメインはりんどう特別。Bクラスメンバー。1800m。9頭立て。
【リンノメサイア】この距離で鋭さ増した末脚。力のある証拠だし、あの脚が使えると何処からでも迫れる。前走よりは状態は更にアップ。今度は抜け出し可能。
【スラッシュ】意外に動けなかったが、レース間隔が空いていたのが敗因。今度は力を出し切れるはず。成長感じる4歳馬でまだまだ上が狙える力量。一変する。
【テイエムダンシング】前走は行きっぷりの良さも見せていたが、直線があと一歩伸びなかった。初戦が4角外を差してきただけに砂を被らない方がいいのかも。
【テイエムサンピラー】スンナリ逃げた割には最後が止まったが、大きくは負けてないし、ローテーションを考えても上積みは見込める。この距離でも注意必要。
【テイエムトッピモン】九州産交流戦の疲れもあったのか、前走は本来の脚が使えなかった。本来が崩れないタイプだし、状態さえ上向けば際どい勝負出来る。
大きな力の差は感じないが、瞬発力でリンノメサイア。

 

【4日目】10月14日(土)
長崎街道境原宿特選 サラ系C1-2組 1400m
晩秋特選 サラ系C2-1組 1750m
第5回五ヶ瀬川賞(S2) サラ系3歳以上OP 1800m

10月14日(土)のメインは五ヶ瀬川賞。A1・A2・Bメンバー。1800m。9頭立て。
【デリッツァリモーネ】佐賀コースでは破竹の7連勝の後に、格上挑戦で文月賞(S2)2着と好戦。夏は小倉日経OPを挟み、長月賞(S2)で勝ち星を飾るなど、活躍の幅を広げている。
【キットピーク】主なタイトルに戸塚記念(川崎・3歳OP)がある。今季は勝ち星を挙げれずにいるが、大井コースB1B2選抜特別で0.4差5着もあり、実績面では優位に立つ。
【コスモポッポ】前走の玄界灘賞(S2)では吉野ヶ里記念2着イッセイイチダイ・佐賀記念5着キョウワカイザーと言った強敵を相手に好走。依然好調を維持しており、常に安定している。
【ミスタージャック】前走では4角3位と見せ場を作った。短距離向きの気性を持ち、折り合い面が重要になってくるが、大逃げを打つ手も度々。警戒を怠ると前で粘るシーンが浮かぶ。
【ニシノファイター】体付きにも余裕が残っていた前走。地方通算21勝を挙げている実績馬で、徐々に本調子を取り戻してくる。叩き2走目で素軽さがアップしてくると食い込む余地ある。
【コスモスイング】前走は後方待機で脚を伸ばすものの結果は5着。これは休養明けのハンデを背負っていたもので、一応の合格ラインには到達。門別OPの底力を見せてくるだろう。
格下の存在ではあるが、底見せぬパワーはOP馬の風格を漂わせるデリッツァリモーネに注目したい。新規キットピークも首位争いだろうし、好調コスモポッポもチャンス十分。

 

【5日目】10月15日(日)
はくちょう座特選 サラ系C2-2組 1400m
オクトーバー特選 サラ系C1-1組 1800m
第19回九州大賞典(S1) サラ系3歳以上OP 2500m

10月15日(日)のメインは九州大賞典。A1・A2メンバー。2500m。12頭立て。
【スーパーマックス】栄城賞とロータスクラウン賞の九州クラシック2冠馬で、世代最強の座を射止めた。特に大分川賞ではマンオブパーサーの持つ従来の1800mレコードを0.2秒更新。
これは6年振りのことである。過去の名馬をも超える程のポテンシャルの高さを見せ付けた。しかも、まだ3歳である。どこまで強くなるのか本当に楽しみ。
【キョウワカイザー】暮れのグランプリを連覇した最強馬である。今シーズンも佐賀記念5着・はがくれ大賞典3着と大活躍。常に最前線に立って結果を残している。前走は休み明けで、
本来が叩き良化型。さらなるタイトル獲得を目指して、照準を合わせてくるはずだ。
【イッセイイチダイ】玄界灘賞(S2)において優先出走権の切符を手にした。相手は休み明けとは言え、強敵キョウワカイザーを負かした評価は高くなる。現在9連対と記録を伸ばし、
更には連勝中と、最も勢いのある1頭とも言える。
【コウギョウダグラス】前走の玄界灘賞(S2)においては4角2位と十分な見せ場を作るも、後続の決め手に屈した。主に短距離路線を中心に使われてきたが、あらゆる距離に対応できる
万能ぶりも見せている。初距離とは言え、2500mの長丁場をクリアしても不思議はない。
【キングプライド】夏場はシッカリ充電をした一昨年のダービー馬。叩き良化型で、いきなり2500mと言う距離の壁は高いようにも思えるが、総合力の高さで、やはり軽視するわけには
いかなさそう。伏兵扱いにはなると思われるが、長打力を秘めていることは確かだ。
【マサヤ】吉野ヶ里記念の勝ち馬で、念願のS1ビッグタイトルを手にした。主にマイル前後の距離を得意としており、非常に幅広い距離適性をこなす柔軟性がある。初距離への挑戦で
あるが、折り合い面に不安はなく、スローに持ち込むと厄介に。
【ベルモントナイト】目下絶好調とも言えるデキにあり、調子の良さで大駆けも考えたい。
【バイタルフォルム】折り合い面に不安を抱えた前走。この長丁場をクリアするには不安材料。
【コスモガラサ】昨年の2着馬。休み明けで近走成績だと評価は上がらない。
レコード決着で7馬身差圧勝した昨年のヴィルトグラーフは不在。新たな長距離王の座へ付くのはどの馬か。現在12頭の登録があり、昨年以上とも言える好メンバーが顔を揃える。
三つ巴の様相で、その中でもキョウワカイザー、イッセイイチダイ、スーパーマックスが首位有力候補に名が上がる。

 

 

(文:全国公営競馬専門紙協会 田中宏信)

 

競馬日本一ロゴ

 

初めてご利用される方
楽天会員に登録(無料)して対象サービスを利用すると、楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは、楽天市場でのお買い物に利用できる他、便利な機能がお使いいただけます。

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

楽天競馬モバイル

RSS

  • SBC(スタートボーナスチャンス)
  • サンスポZBAT!競馬
  • Line@はじめました
  • 地方競馬ナイン
  • 楽天競馬レース映像の3つのポイント
  • サラブレッドオークション
  • 楽天宝くじ
  • TOTO / BIG
  • 楽天銀行
  • 楽天brandavenue
  • お知らせ 不審なメールにご注意ください
このページの先頭へ

本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞