【開催見解】第4回佐賀競馬(5/18~19・25~26 重賞:九州ダービー栄城賞)

2019年5月17日

 第4回佐賀競馬は5月18日(土)19日(日)25日(土)26日(日)の4日間で行います。

 

 

 注目レース【1日目】5月18日(土)

5月18日(土)のメインは初夏賞。3歳。1750m。11頭立て。

【ムーンヴィグラス】1ヶ月半ほどの間隔が空いて、息の入りがどうかだが、3戦3勝馬と素質で対抗出来そうな馬だ。割引は必要だと思うが能力高さを支持。

【ガイノス】前走は流れも向いたが、少しずつは距離にも慣れて来た印象だ。今度も2番手迄の位置は取れそうだし、大外枠を引いたのも好材料。渋太く粘る。

【ミヤノキッドマン】前走は勝負処で失速したが、最後は勝ち馬から1.2秒差で根性も見せていた。距離を叩いたのもプラスする。今度はまだやれる。一変用心。

【スマートダッシュ】休養後を3戦叩いて少しずつは上向いているはず。この距離でも時計を縮めていたし、今度は位置取りも違うだろう。変わって来そうだ。

【カシノジャスミン】 前走は前々で競馬して勝ち馬から1.1秒差の[4]着。随分と粘るようになって来たし、乗り込みも良好。暖かくなって体調は上向いている。

佐賀コース無敗を誇るムーンヴィグラスが中心。ガイノス、ミヤノキッドマンが首位争いへ接近。スタミナ強化しているスマートダッシュ。伏兵カシノジャスミン。

 

 

【1日目】5月18日(土)

若葉特別 サラ系3歳以上 B-1組 1400m

初夏賞 サラ系3歳 3歳 1750m 

 

5月18日(土)の準メインは若葉特別。B-1組。1400m。10頭立て。

【エイシンビリケン】移籍後は4連勝と力見せているが、今度は1kのハンデを背負う。大型馬で苦にはしないと思うが、その辺りは気になる。連勝伸ばせるか。

【カンスタントリー】力強い末脚で時計差のない勝負が出来たのは高評価。最後までシッカリと伸びてくる脚は信頼出来る。今の走りだと不安はない。逆転狙う。

【レッドゼルク】前走はひと息入れた分が重かったと思えるが、今度は素軽さも増す。理想は2番手の展開だが、好位からでも最後使える。巻き返して来そうだ。

【リトルカントリー】あと一歩で届かないシーンも多いが、最後はキッチリ使っているのは流石。崩れもないし、前の流れ・馬場次第ではチャンスある。要注意。

【サイレントアスカ】JRA1勝の5歳馬。戦歴からも通用しそうな力持っているが、このB-1特別はなかなか手強い。仕上がりは順調ムード。先ずは底力拝見。

4連勝中エイシンビリケンを連軸視。逆転候補はカンスタントリー。好調レッドゼルク反撃に転じる。末脚強力リトルカントリー。新勢力サイレントアスカ魅力。

 

 

【2日目】5月19日(日)

スターダスト特選 サラ系3歳 3歳-2組 1400m

あやめ特別 サラ系3歳以上 B-2組 1750m

 

5月19日(日)のメインはあやめ特別。B-2組。1750m。11頭立て。

【イケノアサ】1800m戦で変わって来たし、上りもシッカリ使っていた。忙しい流れよりは合うようだ。今度も位置は取れると思える好位置から最後使って好勝負。

【ファイナンス】この距離でも結果は出せているし、対応出来る距離。状態も良く今だと長く脚使いそうだ。当然、勝ち負けのレースが出来る。互角と見たい。

【ムーンパスラブ】ひと頃よりは最後も使うようになって来た。体調さえ上向いて来れば戦歴でも負けてない。流れに乗って末脚勝負でも対等に闘える。上位評価。

【コスモハーキュリー】前走はイケノアサとの差は0.4秒。力強い末脚も使っていたし、確実に上向く。力の差は感じなく、位置取りと展開だけ。差を詰める。

【ウインヴォルケーノ】休養後は使う毎に良くなっている。もう少しスタートが切れるようになると完全復調だ。そろそろ絡みも考えたい頃。外枠もプラスに出る。

前走を好戦したイケノアサとファイナンスの首位争いとなりそうだ。続く勢力ではムーンパスラブ、コスモハーキュリー。伏兵ウインヴォルケーノ。

 

 

【3日目】5月25日(土)

ケンタウルス座特選 サラ系4歳以上 C2-2組 1400m

九千部山賞 サラ系3歳以上 A1・A2・B 1400m

ジェイド特選 サラ系4歳以上 C1-1組 1750m

 

5月25日(土)のメインは九千部山賞。A1・A2・B。1400m。12頭立て。

【ウルトラカイザー】[2]着馬ハクユウスターダムを相手に2馬身差とする快勝で、今シーズン2勝目を飾った。好調持続で中心だろう。

【ロードヴォルケーノ】4月戦でウルトラカイザーに[2]着したハクユウスターダムに完勝。通用の目途は立つ。伸びしろに期待。

【ハクユウスターダム】連対記録を2へと伸ばす活躍ぶり。強力馬を相手に僅差続きをしており、佐賀コースの複勝率8割の好成績。

【フォークローバー】[2]着馬ハクユウスターダムとはコンマ5秒差の争いをしていた前走。3月戦以降は[3]着以内を外していない。

【シゲルクロマグロ】1月戦以来とはなるものの、前走の新設ウインターチャンピオンではウルトラカイザーに先着している実力。

中心はウルトラカイザーで盤石。勢力を伸ばすロードヴォルケーノ。安定株ハクユウスターダム、フォークローバー。底力首位級シゲルクロマグロと豪華なカードが顔を揃える。

 

 

【4日目】5月26日(日)

長崎街道飯塚宿特選 サラ系4歳以上 C1-2組 900m

小満特選 サラ系4歳以上 C2-1組 1750m

北山湖特別 サラ系3歳以上 A1・A2・B 1800m

農林水産大臣賞典社台SS・JBC協会協賛

第61回DS2019九州ダービー栄城賞 サラ系3歳 3歳 オープン 2000m

 

5月26日(日)の準メインは北山湖特別。A1・A2・B。1800m。12頭立て。

【キングプライド】前走の佐賀スプリングカップでは強力馬グレイトパールに5馬身差と完敗するも、後続馬に4馬身差は負けて強しの好内容。

【ラッシュアタック】[3]着馬スーパーノヴァとはコンマ1秒差の争いで、激戦の[3]着争いに敗れる。しかし、ゴール直前までの粘りは上々。

【オイカケマショウ】前走は先行グループが上位に活躍したレースで、展開に泣いて善戦に終わる。前々走では[2]着馬ラッシュアタックと小差。

【モリデンサンバ】連勝馬ハッピーハッピーを相手に[2]着したのだから上等。B特別戦では安定した成績を残しており、今の好調ぶりなら面白い。

【コスモポッポ】前走は掲示板を逃したものの、[4]着馬ラッシュアタックとは1秒差だった。上位争い進出からは一歩退くだろう。入着級。

中心はキングプライドだろう。ラッシュアタック、オイカケマショウが上位有力。続く勢力ではモリデンサンバ、コスモポッポ。

 

5月26日(日)のメインは九州ダービー栄城賞。3歳 オープン。2000m。12頭立て。

【スーパージンガ】[2]着馬スターオブジーンに4馬身差とする完勝。九州ダービーに向けて視界良好。目下3連勝中とする勢い。中心不動。

【スターオブジーン】勝ち馬スーパージンガには力及ばなかったものの、[3]着馬ニチウォに2馬身差先着して、九州ダービーで雪辱成るか。

【ニチウォ】前走3組戦ではモリデンベーの末脚に屈するが、佐賀皐月賞[3]着した実力。持続力に優れているので、距離延長で真価発揮。

【ムーンパスノキセキ】[2]着馬ヒゲクレイジーとはコンマ3秒差の争いをして、[3]着争いは同着の決着だった前走。安定した成績で堅実。

【ニュールック】遠征帰りで挑んだ前走では掲示板を逃した。しかし、テンションが高く、レース前に体力を消耗。飛燕賞馬の底力注意。

首位不動スーパージンガ2冠達成に王手。皐月賞で好戦したスターオブジーン、ニチウォ、ムーンパスノキセキ。伏兵ニュールック。

 

(文:全国公営競馬専門紙協会 田中宏信)

 

 

 

競馬日本一ロゴ

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

RSS

このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞