【楽天競馬よりお知らせ】
(1)【重要】11月12日-19日システムメンテナンスに伴うサービス制限について
(2)【解決済み】レース映像が正常に視聴できない事象について

【開催見解】第2回浦和競馬(5/28~6/1 重賞:さきたま杯[JpnII])

2018年5月27日

 今回の浦和競馬は5月28日(月)から6月1日(金)まで5日間。30日(水)に指定交流・第22回さきたま杯が行われます。

 

 初日のメインレースは青葉特別がB3三組、距離1500メートルで行われます。

 地元、遠征は互角の組み合わせになりましたが、目下好調の逃げ馬ケイティーテンリウは地元のこの距離を勝っており、同型を捌いて行ければ昇級した川崎3着の内容からも期待できます。大井では凡走した地元のグランプリアクセルは前回昇級戦を3着。ここなら力差はないので見直しが必要。決め手鋭いヴィガーエッジは今回、展開面から注目の1頭でしょう。遠征馬では定番の浦和巧者でポイントパイパー、レソルテの川崎勢。船橋勢では浦和2勝で距離魅力のケンブリッジゴールがスタンバイ。混戦模様になりました。

 

 2日目のメインレースは皐月特別がB1二組、B2一組、距離1400メートルで

 行われます。地元勢が殆どいない条件で中心は遠征馬。ですが、注目の遠征馬は実力派が揃いました。浦和の1400はベスト舞台と言える川崎のシュンプウ。船橋勢はコース巧者のラガッソ、マルボルクシチーといったお馴染みの面々にスピード勝負でパイロスター、カスタネットなど、拮抗した一戦と言えます。

 

 3日目のメインレースは指定交流・第22回さきたま杯(JpnII)が1400メートルで行われます。JRA勢は兵庫ゴールドトロフィー、東京スプリントを勝ったグレイスフルリープ、短期間で連勝を遂げてかきつばた記念を制覇したサクセスエナ

ジー、JBCスプリントなどで上位争いを演じているネロに元マイル王で当レースは過去2、3着のベストウォーリアがスタンバイ。迎え撃つ南関東勢の期待は東京盃を勝ったキタサンミカヅキ、5歳の実力派トロヴァオが上位候補。他地区からは南関東から高知に移籍したサクラレグナム、JRAから金沢に移籍して連勝スタートのナガラオリオン。今年も好勝負が期待できます。

 

 4日目のメインレースはエメラルドカップがA2下選抜馬、距離1500メートルで行われます。地元勢ではこのクラスの常連で前回2着のフォクスホール、強靭な末脚が武器のモリデンリオ、トーセンペンタゴンに逃げ馬ベルゼブブがスタンバイ。遠征馬はコース巧者のジーケーワン、ナガラキコウシといったお馴染みのメンバー。力差のない組み合わせで各馬にチャンスがあると言えます。

 

 5日目のメインレースは紫陽花特別がB2二組、距離1600メートルで行われます。浦和では高い連対率を誇る船橋のオーバークロック。マイル戦は久々になりますが、地元ではこなしているので全く問題なし。スピードは上位の存在で大崩れが少ないタイプです、休み明けを叩いて得意の浦和狙いはダージーパラダイス。距離もベストな条件で変わり身を期待していいでしょう。この他では好調モードで参戦のヒガシリシャール、ライブリーソウルに地元では一発の魅力があるイノデギャルソン、長期休養明けでも実力馬ラブジャックが上位を窺います。

(出走予定馬は5月25日現在)

 

ケイシュウNEWS 田島 啓行

 

 

ケイシュウ

 

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

RSS

このページの先頭へ

表示されているポイント数は、該当するレースの最大ポイント還元率です。ポイント還元にはエントリー等条件があります。詳細は各キャンペーンページを参照下さい。
本サービスは、皆様が本サービスの情報をご利用なされた結果については、何ら保証するものではありません。
当サイト内での情報発信は自己責任のもと行ってください。会員間のトラブルが発生した場合、当事者間で解決していただき、当社は一切の責任を負いません。
情報の精度、システムの運用には万全を期してますが、情報が変更あるいは情報提供時期が遅延した場合につきましては、理由の如何を問わず一切の責任を負いかねます。
万全を期する為に、当日の発走時刻、出走馬、斤量、騎手、枠順、出走取消、オッズ等は、主催者発表のものと照合してください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞