ウマプラ

【浦和】競馬専門紙記者の重賞予想(11/4 JBCクラシック[JpnI])

浦和 重賞

2019年11月03日レース予想

☆令和最初の浦和JBCはチュウワが決める☆

 

実力馬の競演もいよいよクライマックス。

ここはやはり帝王賞でワンツーを決めているチュウワウィザードとオメガパフュームの実力が抜けている。

両者ともに帝王賞以来で条件は五分だが、今回は小回り浦和の二千の適性面から前者が上とみる。

ただし、オメガパフュームもスンナリ順応するようなら逆転の目も十分あり得る。

南関勢では地元浦和のセンチュリオンが筆頭。本来はコース的に内枠が有利なのがセオリーではあるが、モマれる競馬を嫌がる当馬にとっては、スンナリと運べるこの枠順はむしろ好材料。地の利を生かしてアッと言わせる場面があっても何ら驚けない。

休み明けのシリウスステークスを制して勢いに乗るロードゴラッソ、牝馬の交流重賞を制しているアンデスクイーン。牝馬のレディスクラシックではなくて、こちらに挑戦は陣営の自信の表れとみる。

東京記念で念願の重賞を制覇したステイヤーのストライクイーグルもおさえたい。

 

◎チュウワウィザード

○オメガパフューム

▲センチュリオン

△ロードゴラッソ

△アンデスクイーン

△ストライクイーグル

 

(ケイシュウNEWS 石井 一治)

ケイシュウ