ウマプラ

【大井】競馬専門紙記者の重賞予想(7/28 マイルグランプリ)

大井 重賞

2020年07月28日レース予想

「ダート界の栄光へ 夏のマイル戦線はますます過熱」

 5月の川崎マイラーズを皮切りに始まった南関東の古馬マイル戦線もいよいよ大詰め。

 川崎マイラーズを制したグレンツェント、京成盃GMで重賞初制覇を果たしたカジノフォンテン、そこにトライアルを制して連勝街道まっしぐらのコパノジャッキー。

他にも南関東の実力馬が揃い、錚々たるメンバー構成になった。

 

 前走マイルグランプリTRを6馬身差の圧勝。大井千六に限れば5戦5勝と文句なしの成績を誇るコパノジャッキー◎。

 JRAや園田では芽が出なかったが、大井転入後に四連勝してJRAへ。そして今春に大井再転入の経緯。その転入緒戦こそ3着に敗れたが、その後は一気に三連勝。全兄コパノリッキーと同様に大井の水が合っていることを裏付けた。そのトライアルの勝ち時計1分40秒3なら十分に重賞で通用するレベル。ここを勝って南関東の頂点へ一気に駆け上がる。

 

 川崎マイラーズで南関初勝利を挙げたグレンツェントがも侮れない。JRAではレパードSや東海Sなどを制した実力馬だが、南関転入後はもどかしい競馬続き。JRA時の実績から中距離馬というイメージが強かったが、マイルの流れを会得して新しい面を確立したといえる。

 

 最早短距離~マイル路線では顔といえる存在のトロヴァオ。3歳時はクラシックでも再三好走したが、年齢を重ねるとともにマイル以下の距離で差しに構える戦法を確立した模様。今年緒戦のフジノウェーブ記念で久々の重賞を制し、明け7歳でも衰えは皆無。元々使い込むよりフレッシュな状態の方が好走するし、極端な外枠では能力を発揮できないタイプだけに枠順も味方をした印象。

 

 前走京成盃GMではインから差す競馬で重賞初制覇のカジノフォンテン。南関縁の血統で500キロを超える雄大な馬格を持つ大器がいよいよ目覚めた。ただし、2~3歳時の実績とはいえ、大井コースでは3着が一回のみ。それに頭あって2着なしという極端なタイプでもあるから、今回は一枚割り引いて考えたい。

 

 アクシデント明けの帝王賞は惨敗した、昨年の東京ダービー馬ヒカリオーソは仕切り直しで真価を問われる一戦。マイルで新味を出せるかに注目したい。

 

 前走で久々に大崩れしたリッカルドは二走ボケがだったとすれば割り切れるし、前年の覇者ワークアンドラブは気難しい面と斤量58キロが気懸りだが、ハマれば爆発力はメンバー随一。

 

 

◎コパノジャッキー

○グレンツェント

▲トロヴァオ

△カジノフォンテン

△ヒカリオーソ

△リッカルド

△ワークアンドラブ

 

(文:ケイシュウNEWS 石井 一治)

ケイシュウ
おためしキャンペーン

[毎月開催!]楽天競馬に新規登録で楽天ポイントGET!![要エントリー]