ウマプラ

岩手競馬 9/7のレース展望

盛岡・水沢

2021年09月06日レース予想

1R/◎1、○6、▲8、△11、△5
実戦二度目と思えば前走は水準以上の評価ができる。キャリア浅い分の伸び代も魅力

1-6、1-8、1-11、6-8、1-5

---------------------------------------------------------

2R/◎5、○7、▲9、△10、△8
2・3着が続いているのは勝ち馬が強い競馬をした面もあった。手堅さはここでも通用

5-7、5-9、5-10、7-9、5-8

---------------------------------------------------------

3R/◎6、○11、▲7、△5、△2
負けた時の差が大きく見えるが前走は勝った馬が抜けていただけ。相手緩和で力量再評価

6-11、6-7、5-6、7-11、2-6

---------------------------------------------------------

4R/◎4、○7、▲1、△6、△3
前走はいかにもデビュー戦という幼さも感じさせた。一叩きで本来の能力発揮

4-7、1-4、4-6、1-7、3-4

---------------------------------------------------------

5R/◎1、○2、▲6、△5、△4
素質馬に敗れた前走は致し方なし。ここは距離にメドを立てた事が武器になる相手関係

1-2、1-6、1-5、1-4

---------------------------------------------------------

6R/◎9、○12、▲11、△6、△5
現級では常に安定した戦い。少し乾いた良馬場になってくれればなお好都合だが

9-12、9-11、11-12、6-9、5-9

---------------------------------------------------------

7R/◎11、○12、▲10、△2、△1

 (11)テソーロがこの距離でも。千二は久しぶり、岩手では初めてになるが過去戦績を見る限り守備範囲と見て良さそう。若手騎手対抗戦にありがちな乱ペースになれば決め手あるこの馬に有利。
 転入後5連勝の(12)トミノヴェールは短距離戦とは違う相手関係がひとつの課題だが、前走の内容なら計算は立つ。(10)スナノオンナはやはり砂を被らずに戦える外枠は良い。1000m専用と決めつけるのは早計だろう。
 (2)は距離が若干短いきらいがあるのと多頭数の内枠克服も課題と見て控えめの評価。(1)も同じ意味でヒモ穴までに留めたい。

11-12、11-10、2-11、10-12、1-11

---------------------------------------------------------

8R/◎1、○9、▲4、△3、△11

 (1)スプリングアースを狙う。前走は展開がハマった部分があったとはいえ好タイムの見事な勝利。いよいよコースが手の内に入ったということならフロック視はできない。
 一方(9)ヤマニンティエルナも今季大きく崩れたのは二走前の芝のみでダートなら距離問わず安定している。激戦想定のここでは手堅さが大きな武器になっていい。(4)ジョリヴィサージュはマイルもこなすがベストは千四というイメージ。人気しすぎるならむしろ控えめに見ておきたい。
 あとは一進一退ながらもここのところの調子は決して悪くない(3)、末脚一発の怖さある(11)にも食指動く。

1-9、1-4、4-9、1-3、1-11

---------------------------------------------------------

9R/◎7、○1、▲4、△9、△2
急上昇とまではいかないまでも上向きムードある近況。1000mも決して苦手とは思えず

1-7、4-7、1-4、7-9、2-7

---------------------------------------------------------

10R/◎11、○6、▲7、△10、△3
過信はできないタイプの馬だがここのところの好調さは本物。ならば地力に期待で

6-11、7-11、10-11、6-7、3-11

---------------------------------------------------------

11R/◎3、○5、▲7、△4、△1

 ダートで地力発揮(3)フェルゼンハントを本命に採る。前走は敗れたといっても終始自分でレースを作っての敗戦。1000mから1600mへの一気の距離延長でも戦えた点を評価するべきだろう。本来ダートの方が合っていい血統ゆえダート替わりもむしろ好材料。古馬と互角に動いた調教も心強い。
 相手は(5)アップテンペスト。4走前に一変の形で勝って以降の充実ぶりが著しい。ここでどれだけやれるか試金石。(7)ミスリチャードは気性的な幼さを感じるのと同時に豊富なスピードも備えている。気持ちよく戦えれば怖い存在になっていい。
 (4)は前走で同距離をこなした点が糧になるはず。この距離の方がより血統イメージに合う(1)も押さえに。

3-5、3-7、3-4、5-7、1-3

岩手予想