ウマプラ

【川崎】競馬専門紙記者の重賞予想(10/13 鎌倉記念 )

川崎 重賞

2021年10月12日レース予想

「スピードが違うママママカロニ」

 

 ママママカロニのゴールドジュニアには驚かされた。道中は流れに乗った3番手。そこから逃げたコパノミッキーを捉えると、直線独走の9馬身差圧勝。3連勝で重賞制覇だが、タイムはなんと1分11秒5。当日のA2下、同日のB3四~五組のヴァーゴ賞が1分12秒3、翌日のA2二組~B1のエキサイティングリレーin大井賞が1分11秒4だから、その速さがわかる。まさかの中2週での鎌倉記念参戦は、おそらく暮れの全日本2歳優駿を見据えてのものだろう。初コース、初左回り、初距離を克服すれば、おのずと全日本も見えてくる。

 

 浦和のノブレスノアは4戦4勝の。川崎初コースだった前走の若武者賞は、2番手から早々に先頭に立ち、難なく押し切り2馬身半差の勝利。1分36秒6は過去2年に比べると1秒前後遅いが、手ごたえ十分でもっと追えばもっと伸びただろう。川崎コースを1度経験している強みは大きく、完成度も高いが、兄トーセンレビューからもさらに成長が見込める。

 

 ノブレスノアと同厩のカイルはこれが7戦目になるが、船橋、大井、金沢と遠征競馬を繰り返し【2-2-2-0】と抜群の安定感。今回は金沢遠征から連闘と厳しいローテだが、スタート決まれば競って強い。

 

 北海道からの遠征はプリサイスニードルとシルトプレの2頭。プリサイスニードルはデビューから1500~1700mを使われ、重賞経験こそないが、前走ウィナーズチャレンジで敗れたナッジが続くサンライズカップでシャルフジン、リコーヴィクター、モーニングショーらに勝っているように、レベルの高い1戦だった。シルトプレは1200、1500mで連勝と勢いにのって参戦。こちらも重賞実績はないが、前走名物・とねっこジンギスカン特別で破った2着グレイテストワークが、その後のサンライズカップで0.9秒差5着なら、比較から水準級と言える。どちらも長距離輸送、左回り克服なら上位争い可能だ。

 

 タツノエクスプレスは若武者賞2着も時計は詰めてきた。イライジャは相手強化で、おそらく大外枠からハナ切ることになるが、良馬場1分37秒4なら通用するし、どこまでマイペースで行かせてもらえるか、展開がカギになる。

 

 メンタイマヨも印は回らなかったが、叩かれた上積みはあるだろう。重馬場1分37秒1はもっと詰められる。

 

 ◎ママママカロニ
 ○ノブレスノア
 ▲カイル
 △プリサイスニードル
 △シルトプレ
 △タツノエクスプレス
 △イライジャ


日刊競馬小山内完友


 
日刊競馬