ウマプラ

岩手競馬 12/19のレース展望

盛岡・水沢

2023年12月18日レース予想

1R/◎7、○4、▲2、△1、△9
時計・内容ともこの辺のクラスの水準以上。100m延長も大きな影響があるとは思えず

3連単フォーメーション
7→1,2,4,9→1,2,4,9

---------------------------------------------------------

2R/◎4、○7、▲8、△2、△9
着順は一進一退だが着差の振れ幅は小さくなっている。前走くらい動くなら距離も大丈夫

3連単フォーメーション
4,7,8→4,7,8→2,4,7,8,9

---------------------------------------------------------

3R/◎6、○10、▲8、△2、△4
道中競りかけられながらも最後突き放した前走は高く評価できる。好調馬多くとも中心視

3連単フォーメーション
6,10→2,6,8,10→2,4,6,8,10

---------------------------------------------------------

4R/◎8、○4、▲6、△7、△5
半年ぶりの850mはやはり好相性を感じさせる内容。久々の白星も見えてきた

3連単フォーメーション
4,6,8→4,6,8→4,5,6,7,8

---------------------------------------------------------

5R/◎8、○5、▲1、△10、△7
この距離では昨冬にB1級で勝ち星を挙げている。ひと叩きされさらに前進を期待して当然

3連単フォーメーション
5,8→1,5,8,10→1,5,7,8,10

---------------------------------------------------------

6R/◎4、○10、▲1、△3、△6
距離短縮で安定しただけにカギは距離延長だが、金沢では1500mで逃げていた点に注目

3連単フォーメーション
4,10→1,3,4,10→1,3,4,6,10

---------------------------------------------------------

7R/◎6、○2、▲9、△5、△7
経験少ない右回り短距離だったが前走を見る限りむしろ動きやすそう。伸び代ありそう

3連単フォーメーション
2,6→2,5,6,9→2,5,6,7,9

---------------------------------------------------------

8R/◎10、○2、▲1、△5、△3
ダートでは初マイルという点には注意も、ここまでも距離延長に対応してきた地力に期待

3連単フォーメーション
1,2,10→1,2,10→1,2,3,5,10

---------------------------------------------------------

9R/◎4、○10、▲5、△1、△2
ひと叩きで変身の前走だが内容にはまだ余裕があった。上積みはまだあると考えたい

3連単フォーメーション
4,10→1,4,5,10→1,2,4,5,10

---------------------------------------------------------

10R/◎1、○7、▲8、△6、△4
岩手ではマイルで好走もJRA時代は良績のほとんどが1400。取消の影響がどうかだけ

3連単フォーメーション
1,7→1,6,7,8→1,4,6,7,8

---------------------------------------------------------

11R/◎7、○5、▲3、△8、△2

適距離になって(7)フジラプンツェルが久々勝利を狙う。秋以降の復調ムードは確かな同馬だったが2000mは長過ぎ1200はちょっと忙しい印象。前走のマイルも結果的には少し長かったということなのだろう。1400mは2歳時に2勝している距離。1年ぶりの勝利を手にする条件は整った。
(5)ケープライトも今の時点ではマイルは少し長いのかも。距離短縮での変化を見込んで対抗視。(3)ケイアイサクソニーも3月にこの条件で逃げて3着。すんなり先行できれば怖い。
以下、JRA時代は1400mが主戦場、ひとハロン短縮が悪い材料とは思えない(8)マイグレーション、近走が力負けとは思えない(2)トキノパイレーツにも十分な警戒を。

3連単フォーメーション
5,7→3,5,7,8→2,3,5,7,8

岩手予想