【重要】住所等ご登録情報をご確認ください

【開催見解】第21回名古屋競馬(1/1~1/3・1/6)

2014年12月31日

第21回名古屋競馬は1月1~3、6日の4日間。「新春シリーズ」が行われる。

 初日・1月1日のメインは、A・B・C級クラス混合【尾張名古屋杯】
注目は唯一、B級からの挑戦となったサカジロハンサムだ。当地転入以来6連勝と底を見せぬ走りが続くし、前走時計の比較からして優位に立つ。ただ、間隔があいたこともあってかやや馬体に余裕が残るかもしれず、付け入る隙はありそう。逃げ脚光るアイビスティ、前走で復活を印象づけたブライトシンプー、引き続き調子がよさそうなトーホウボンバーあたりもマークしておきたい。

 2日目・1月2日のメインは、距離1800mの【新春盃】
人気に推されそうなのは、転入初戦でも仕上げ順調で中央実績のあるグロリアスカフェ、A3組連勝で再び軌道に乗ってきたドニゼッティ、追い切りで抜群の動きを見せたゴールドピューマあたりだろう。が、抜けているわけではない。巻き返しを誓うナムラユキヒメ、シンゼンユメノスケは侮れないし、得意の季節を迎えたケントリュウコウ、前走の勝ちっぷりが鮮やかだったイワクラキンガも虎視眈々。馬券は難しそうだが、面白いレースになるのは間違いない。

 3日目・1月3日のメインは、4歳以上オープン【名古屋記念】
実力馬サイモンロードが戦列復帰。昨年後半はらしくない走りが続いていたが、前走の笠松重賞で久々に持ち味を出してくれた。ひと息入った格好にはなるが、乗り込み入念で動きは良好。地元のメンバー構成なら結果を求めたい。相手はこちらも前走でいい競馬ができたノゾミカイソクが有力。若干距離不足の印象だが、前走で速い流れを体感できた。上積みを見込んでもいいだろう。穴っぽいのは転入初戦スズカランクス。やや順調さを欠いたとのことだが、動きはいいし、8歳馬でも若々しい馬体をしている。「相当スピードがある」という陣営の話から、展開面でも大きなカギを握りそうだ。

 4日目・1月6日のメインは、A-2組【門松特別】
中央実績からすれば思ったほど走れていないアップアンカーだが、出来は悪くないし、ちょっと運がないだけ。今回のメンバーなら決めてもらわないと。ホウライナデシコは3歳時には重賞戦線でも見せ場を作った馬で、前走時計の比較から昇級戦でもヒケ目は感じない。ハナを取れれば粘り込めそうだ。以下はちょっと差がある感じ。叩き2走目で変化を求めたいリングランドムーン、久々に見せ場が作れたレッドフェアリー、初戦の笠松戦でそこそこやれたアトムオークスあたりだが、前記2頭に割って入るのは難しそう。


(文:競馬東海 寺澤 正勝)

 

競馬東海

 

 

楽天競馬 ネット新聞スタンド

  • 地方競馬ネット新聞
  • 日刊競馬
  • イー新聞
  • コンビニプリント競馬新聞

楽天競馬 公式SNS

  • FaceBook
  • Twitter

キーワードから探す

RSS

このページの先頭へ

開催当日のレースに関する情報については、主催者発表のものとご照合ください。

ポイントで競馬新聞が買える!地方競馬ネット新聞